Gass - Gass

0 Comments
Gass - Gass (1970)
Gass

 例えばさ、ジェフ・ベックがボブ・テンチって人を見つけたのはGassってバンドで歌っていたのを聴いたから、ってことだとしたらベックもGassってバンドのレコード聴いたことあるってことだろうし、それかライブを見たって可能性だってあるハズだ。Gassってバンドのライブを見たことある人ってそりゃそれなりにいるだろうけど、こんなライブだったよ、なんて言える人ほとんどいないだろうから、その意味でもベックって人はとても貴重な英国B級ロックの生き証人でもあるワケだ。それにGassってバンドのレコードを聴いていたとしたら、今となっては相当な英国ロックのマニアでもある、と言えるのかもしれない(笑)。

 ま、それは冗談としても、そんな可能性を具体的に実現させてくれたアルバムってことでボブ・テンチとしてはこのGassの1970年の唯一のリリースアルバム「Gass」は忘れられない人生の貴重なきっかけのひとつだっただろう。自分的には真逆にこのGassはB級ロックバンドとして知って聴いていたので、このボブ・テンチってベックのところでこの後に一緒にやったんだ…って思ったくらいだけど、一般的にはそりゃ逆だわな。んで、このGassってバンドの音、結構好きだったんです。ごった煮そのままの英国B級ロックそのままだけど、その中でも結構光ってたしなぁ…、ソウルフルな歌声がかなりハマってて、バックの音は黒い、と言うよりも民族的なものとサイケ的なものが入ってて聴かせるアルバムにもなってるし、結構良い感じなんだよね。

 驚くべきはこんなバンドのデビュー作なくせに、Fleetwood Macを離脱したピーター・グリーンが2曲参加しているという所だ。一体どういう人脈だったのか…バンドの来歴自体は古いからそれなりの人脈があったみたいだけど、なかなか出来ないよね。デビューアルバムでそんなメジャーなギタリストがゲスト参加してるなんてさ。んで、これがまた面白くてね…、ハマってるんだわさ。B級バンドなんて書いてるけど、やってる音はかなりメジャー系に攻めていけるレベルの洗練された音だし、ファンクやアフロエッセンスも入った正統派英国ロック、とも言えるサウンドなのでこの系統平気な人はぜひ。ピーター・グリーンも凄いしボブ・テンチもイケてるし、ギターもベースもかなるブリブリしててお好みです♪





関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply