Anthrax - Spreading The Disease

2 Comments
Anthrax - Spreading The Disease (1985)
狂気のスラッシュ感染

 破壊力があるバンドとかアルバムってメタルだ、っていうのは全然無くてさ、一般的にうるさい音として認識されているのだろうけど、割とそうでもなくてガツンと来るような音の作りにはなっていないものの方が多い。それはバンドそのものがうるさいからアルバムでは音を軽くして聴きやすくしているのもあるだろうし、やっぱりロックの重さってのとメタルのうるささってのは意味合いが異なるってのも大きい。だから両方の部分で重さを持っているバンドはホントに重い音のバンドになるんだろうけど、そうそう多くない。スカッとして聴きたいから、とか車で走りまくるぞ、みたいなのにはピッタリこの軽さとスピード感が似合うのかもしれない。

 1985年にリリースされたAnthraxの出世作「Spreading The Disease」。初っ端からしてひとつのスタイルを確立した事が分かる作品で、ザクザクした質感のギターとスピード感溢れる楽曲の中に歌の上手いボーカルが宙を舞ってくれているというパターンはかなり珍しい展開だった。ある種ハードコアパンクとの融合を果たしているとも言える作品の質感は1985年という時代にはやや早かっただろうけど、きちんと売れ線まで持っていけたって所は凄い。キャッチーさがあると言うのはあるのだろうけど、快活な音のヌケ感が凄くて、ドロドロした所がないから、アメリカで聴くにはホントにスカッと聴けるバンドなんだろう。複雑さもないから聞きやすいし。

 実はこのアルバムは当時聞かされた事があって、何だかよく分からずに拒否してた(笑)。多分音が悪いと言うか、聴きにくい質感の音で、子供の耳には辛かったんだろう。今聴くと、これこそヘヴィメタルっていう曲が並んでて信者が多いのもよくわかる。スラッシュメタルとして分けなくても良かったんじゃない?ってくらいには普通にメタルな感じもあるけど、多分この頃のメタル=LAメタルって風潮だったからそうじゃない、ってのを線引したかったんだろうね。ま、分かる。今で言うところのヘヴィメタルのスタンダードな形がここにあると言えるのかもしれない。





関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
お〜ぐろ  

あっしなんかはLAメタルにどっぷりハマってたので(笑)いわゆるメタルと言えばメイデンのイメージでした
そのどちらとも違うスラッシュメタルなるモノを世に知らしめたこのアルバムの功績は大きいですね〜
あと、MADHOUSEのPVも一役買ってますね 

2017/02/10 (Fri) 03:05 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>お〜ぐろさん

それでもダメだったなぁ…あの頃は。
やんちゃすぎたっつうか…

2017/02/12 (Sun) 21:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply