Gillian Welch - Boots No 1 the Official Revival Bootleg

0 Comments
Gillian Welch - Boots No 1 the Official Revival Bootleg (2016)
Boots No 1 the Official Reviva

 うわ〜、良いジャケット!ってだけで聴いてみたくなって、DLして聴いているという始末。だってさ、このジャケット…ってかレスポールJrに目を惹かれただけなんだけどね、こうして見せられるとやっぱりカッコ良いギターだな〜って。自分的にはR&Rなギターのひとつなんで、こういう女の子が弾いている姿ってのは想像もしたことなかったけど、こうして見ると、コガラなボディだし軽さもあって女性に受けてもおかしくないか、とも思う。

 Gillian Welchなる女性の「Boots No 1 the Official Revival Bootleg」…、いや、全然知らないからさ、とにかアマゾンリコメンドでジャケットが出てきて、聴いてみた次第なので、どんな音楽やってるのかも知らないし名前も初めて聴いたし、それでもレスポールJrダブルカッタウェイですからね、悪いはずないだろ、という勝手な先入観で聴いてみると、ほ〜〜、これはこれは…、モロにアメリカのカントリーやブルーグラスとかその類のシンガーソングライターの一人なのだろう、もちろん女性でして、垢抜けた感じがよろしい。これ、レスポールJrの音じゃないんだろうなぁ、と思いつつも、きっとどこかでは使われていると期待したいが…アコギ大半なのでなんだろな…と思って聴きながら調べていると、1996年に彼女がリリースしたアルバム「Revival」の20周年記念ってことで、2枚組の豪華版がリリースされたってことで、でもテイクやら何やらが詰め込まれているらしい。それでこんなに生々しいサウンドばっかりなのかと気づいた次第。こういう順番で聴くってのはどうなんだ?って思うけど、こんだけ色々リリースされている昨今、そういう風に入る人もいるのだろうな、と往年の名盤でもそう思う。

 内容的に自分はどうかで言えばどっちでもなく、サラリと聴けてしまうし、歌声が個性的ってワケでもないし、ただアメリカではこの手のシンガーは大抵それなりに受ける。だから人気はあるんじゃないかな。中身よりもジャケットでヤラれたパターンだから飾りながら聴くってのが一番良いんだけど、DLだしなぁ…、しょうがない(笑)。こういうギターもあるんだよ、っていうことでカッコ良さを味わって下さい。ジョニー・サンダースやミック・ジョーンズが使ってました♪





関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply