Gay & Terry Woods - Backwoods

0 Comments
Gay & Terry Woods - Backwoods (1975)
バックウッズ (生産限定紙ジャケット仕様)

 英国フォークの深淵は底なし沼とも言われてて、確かにちょっと漁ってみてからはその深さをマジマジと実感することも多く、どこまで行っても底が見えずにどんどんと広がり続けていく。それは時代が新しくなって、新譜がリリースされるからと言う無限地獄ではなく、一定の時代の中だけでもどこまでも深く広く繋がっていってしまう懐の広さがあるからだ。どこからでも良いけど、ちょっと漁ってみて、そのメンバーの誰かのキャリアを気にしてみるとすぐに深い世界の一歩に入り込めるだろう。制覇するなんてことは考えるだけ無駄なので、手当たり次第に存分に楽しんで聴き漁り、気になる楽器のプレイヤーの名を記しておいて次に進む…、ジャズと似てるかもね。

 Gay & Terry Woodsという夫妻のユニットの1975年のファーストアルバム「Backwoods」。あの初期Steeleye Spanに参加していたけど、即離脱してこの夫妻ユニットでまた世に出てきたという二人。その前は「Woods Band」ってのでもやってたからキャリアも十分な方々、このアルバムもそういう意味では豪華なゲスト陣営も含めて期待されていた一枚。完全にフォークだけでもなくしっかりとバンド形式での楽曲もあり、美しき歌声とアコギで聴かせるだけではなく、フォークバンドアンサンブルな曲も楽しめる。とは言え、今の気分はアコギだけの作品の方が好みだけどね。

 案外聴きやすい。ポップとは言わないけど、割とそれに近いメロディラインで出来上がっていたりするのでさほどの違和感は抱かないんじゃないかな。ギターにしても小難しいことしている訳でもないし、アコーディオンやらで柔らかいサウンドに仕上げてくれてるのもあるからね。ほんわかとした気分になり、日常から離れる意味ではとても良い作品だし、何かほっとする味わいを持っている。そこかしこで名盤扱いされてるので、疑いなく聴いてみて損はしないんじゃないかな。





関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply