Helloween - My God Given Right

0 Comments
Helloween - My God Given Right (2015)
My God

 長期に渡って活動していて、どんどんとメンバーチェンジが繰り返されるバンドってのが増えてるんだが、それでも同じバンド名を維持したまま続けていく、オリジナルメンバーっているの?ぐらいになるまでバンド名を維持してやり続けていくってのもあるけど、果たしてそれは何なんだろ?なんて考えてしまった。そのバンド名で売れているってことになるから中身の音楽性云々なんてのはそれなりの方向性なら良いワケで、同じじゃ飽きるし違いすぎるのは冒険だしって間を上手く縫う。メンバーはそれを理解してバンドを進めるってところか。それにしてもなぁ…ってのが悩ましい。

 Helloweenの作品をここいらで取り上げておこうって思ってて、幾つか聴いてたんだけど、自分的にはリアルで通って来てないので有名な「守護神伝 第一章」「第二章」あたりしか知らない。んで、どのヘンが面白いんだろ?って探っててもよくわからん。じゃ、新作でいいか、ってことで2015年の「My God Given Right」を。聴いた瞬間から、これ何のバンド聴いてるんだっけ?って思うくらいな話で、作品のレベルや出来映え、魅力という面で何ら遜色はないものの、Helloweenってバンドって今こうなってるのか?くらいなモンだ。そういうメンツになって久しいハズなので自分が時代についていけてないだけってのは重々承知しているが、それで冒頭のようにバンドって…てな事を思ってしまったワケだ。所詮ハコの話でしかないし、そのハコを上手く使ってやってるんだよな…。

 気を取り直して、そんな事を思いつつも聴いてみればそれはそれは良質なメロディとパワーを持ったメタル、あのキャッチーさはさほど見当たらず、スピーディさも普通になってて、突出した所はどこにもなく、一般的に普通にパワーメタルバンドだよな、ってアルバムなんじゃないだろうか。だからこそバンド名で売っているというようにも見えてしまうのだが、メタル全般がそういう節あるからしょうがないんだろうけどさ。それでもレベルは高いし良質なのは確かだし、売れるのも当たり前だし、なるほどなぁ…と。何か自分が何を求めてるか分からなくなってきた(笑)。





関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply