Asterix - Asterix

0 Comments
Asterix - Asterix (1970)
Asterix

 ロックの歴史って面白いなぁって思う事のひとつに世間一般に知られている、世間でもないのでロック界隈で知られている事柄ってのは必ずしも正しくないし、事実でないという事が割とあるって事。それはもうプロレス的と言うか、所詮商売のお話だから上手くそうやって売ったもん勝ち、戦略勝ち。まさかそんなに後世になって語り継がれていくものになるなんて思ってなかっただろうから、何かで最初に書いたり発言したことがそのまま現代でも残っているなんて考えもしなかっただろう。

 このAsterixってバンドはLucifer’s Friendのメンバーが組んでたバンドで、ほぼそのままLucifer’s Friendに名前を変えてのデビューアルバムをリリースしているが、Asterixとしても1970年にアルバム「Asterix」がリリースされている。もっとインパクトあるバンド名にしてキャラクター出して売れる下地を作っていかないとダメだろう、ってことだったのかもしれない。んで、面白いのはこの「Asterix」を聴いてみると、何と快活なハードロックが展開されているんだな。つまり、スコーピオンズよりも前にこういうジャーマンハードロックを展開していたし、その中には英国ハードロックよりも秀逸だろうってのも多くて、ってか、アルバムがそのレベルにあるんだから当然もっと知られていてもおかしくないアルバム、バンドだったワケだ。それがヴァーティゴ行ってLucifer’s Friendになったらマイナー落ちしてしまったっつうかさ、戦略ミスだったのかな。だから、ここで聴ける音はロックの歴史には出てこないけど、多分この手のハードロックとしては相当早い部類に作り上げていて、それがこの後売れていく事を思えば、実に残念な作品になった。いや、アルバムは凄い良いよ。

 冒頭の曲はもうアメリカにそのまま通じるだろ、ってくらいに能天気で、あまり好みじゃないけど、アルバム聴いていくとどんどん湿っぽさが出てくる。どこか突き抜けられない感があるが、歌はもう完成しているし、バンドのテクニックもしっかしてるしアレンジだってアマチュアの、70年代のそれとは一線を画している。アルバムジャケットだってアップルで卑猥さを表現しているのか?のようでもあるし、まぁ、そこがダサいんだろうってのあるが、かなり面白い感じの作品になっていることでちょいと驚いた。自分の好みの音ってのが大きいが。

関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply