Triumvirat - Spartacus

2 Comments
Triumvirat - Spartacus (1975)
スパルタカス(紙ジャケット仕様)

 そういえば今年の豊富とか目標とか色々とそういう設定って全くしてないな…、どうしようか。多分自分の中では常に何かそういうのは決めてあって淡々とやっていくんだ、っていう意識しかなくて、それを表明することが出来ないんだろうと思う。ここで「ブログ続けて頑張ります」ってもさ、普通じゃね?ってくらいにしか思わないし、「ロック一生懸命聞きます」ってのもずっとそうだしさ、じゃ、何だろ?って思うと…、「飽きられないように書きます」か。それも普通だからなぁ…、とか趣味の世界ってのはあくまでも自分の趣味だからさ、あんまり定めなくてもいいかなって思ってるのはあるね。

 1975年にリリースされたTriumviratの三枚目のアルバム「Spartacus」。いきなり登場なんですが、リコメンドで出てきて、あったなぁ〜と気づいて聴いている次第です。ご存知の方はご存知だろうけど、知らない人は全然知らないだろうドイツのバンドで60年代末期から活動していたとか。そもそもがキース・エマーソン大好きな鍵盤弾きユルゲン・フリッツ君が主役になってそのままバンドをやっているという状況からして、想像通りにEL&Pの音色そのままが出てくるという(笑)。ここまでEL&Pで良いのか?ってかそういう音が同時代で出せてしまうのはある意味才能ではあるんだが、聴いている側からしたらさほど面白味はない、か。よくこんだけ出来るな、とかそれでも多分ドイツの中では破壊的な方向ではなくてポップな世界へ進む事を狙ってたのかも、なんていう程度には大人しい。音はそのままだけど。

 面白いな、って思うのは出てくるサウンドがドイツ的って事で、同じようなプレイしてるのに英国的じゃなくてちょいと硬い音なんだよね、やっぱり。それと割と規律正しいって言うか、イレギュラーしてこない。破壊的じゃないってのはそういうトコでさ、予測できるそのままで展開してくるし、心地良さのそのままかな、っていう感じ。でもね、面白いよ。組曲になってるからかな、物語性と言うかそういうのが味わえるし、アルバム丸ごとでEL&Pだけどやっぱり個性は出て来る。何か違うな、っていうのは多くあるから。アコギやメロトロンが多いのは特徴的だよね。

関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
デューク中島  
結構 みんな飛びついた

プログレ大御所達が やや下降線で 他にバンドないのか?と言うファン心理もあって、セバスチャン ハーディ、ロバート ジョン ゴッドフリーなんかと共に 結構 売れたんじゃないかな? これとセカンドは まあまあ良かったと思います。

2017/01/08 (Sun) 13:07 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>デューク中島さん

あらま、やっぱり知られてたんですね。

2017/01/15 (Sun) 17:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply