Camel - I Can See Your House From Here

0 Comments
Camel - I Can See Your House From Here (1979)
I Can See Your House From Here

 自分の音楽の好みがどんどんと変化しているな、と感じることがある。昔好きだったのをキライになることはないけど、そんなに聴かなくなるってのはある。それが散々聴いて、もう自分では消化しちゃってるから同じのをまた聴かなくても、時間を割かなくてもいいか、っていう類の音楽と、好みが変化したので今はあまり聴かなくなってる、ってのがある。前者は好みそのものは変化してないけど後者は好みが変化しているから聴かなくなったって話だね。後者の方が多いかも。

 その代表格がプログレ系統のバンド。昔は時間を割いて一生懸命聴いてて、それが楽しかったし漁りまくってたんだけど、それも時代と時間の無さからだろうか、昔に比べたら全然聴けてないし、聴いててもそんなに熱狂的に楽しめるワケでもなくなってる。自分の好みがどんどんとロック的なエッセンスを求めるようになってる気がする。そんな中、Camelのアンディ・ラティマーのギターの音色の話が出てきたので、ちょいと聴いてみるか、と「I Can See Your House From Here」を。1979年の7枚目、かな、もうね、初っ端からふざけんなってくらいに軽快で苦手な音が展開されます。いや、自分にとってのお話なので好みはそれぞれってことで…。音楽的にはかなりキャッチーに仕上げてピーター・バーデンスも抜けてるし、Caravan組もいないし、どっちかっつうとHappy The Man要素なんで、そりゃ明るくなってくわな…ってのは分かるし、アンディ・ラティマーのギターがこう来たかってくらいにフュージョンチックになってて納得感あるプレイだし、楽曲群。幻想的な世界とキャッチーな歌メロが絡み合っての快活なサウンドは多くのリスナーを魅了したんじゃないだろうか。

 今となってはどこかでBGMとして流れていても何ら違和感のないくらいには軽快で美しく、叙情性もきちんと持ち合わせているアルバムに仕上がっているし、あまりにも軽やかに流れていくサウンドが勿体無いくらいのアルバムだと思う。それまでのCamelってそういうエッセンスはあったけどここまでになると…ってのがオールドファンの感想だろう。時間が経って、振り返って聴いていればこういうのも悪くないし、アンディ・ラティマーがやりたかった音楽はこういう路線だったんだな、とか分かるけどさ。…と何だかんだと聴いてる作品かも。



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply