Budgie - If I Were Brittania I'd Waive the Rules

2 Comments
Budgie - If I Were Brittania I'd Waive the Rules (1976)
If I Were Brittania I'd Waive the Rules

 正月ってヒマと言えばヒマだし、行事的に忙しいと言えば忙しいんだろうし、毎年のことながらウチのブログなんかでは年末年始ってのはガクッとアクセス件数が減る傾向にあって、割と真面目に書いててもしょうがないんじゃないか?なんて思った時期もあったんだけど、まぁ、結局自分的には好きで聴いててどうあれ何か聴いてるワケだから別に何でもいいか、ってことに落ち着いてて、しかも好きなの聴いて適当に書いてるだけなんだからアクセスがどうとかってのも、どうしようもないしな、なんて悟りの境地に入って長くなる(笑)。

 Budgieの1976年の6枚目の作品「If I Were Brittania I'd Waive the Rules」。一説にはこれでBudgieは下降線に入っていくっていう作品で、いわゆる普通化してきたっていう事だが、リアルタイムな頃にはそうだったのかも。今聴いてみると到底そうは思えないBudgie節バリバリな気がするんだけど、それまでの作品で強烈な英国的ハードロックの一面を作り上げてしまったってのがあるから、それに比べたら確かにインパクトは欠ける、か。あんなのばっかり作れないだろうよ。

 …とそれは比較論的に言われることだけど単発のアルバムとして聴いてみた「If I Were Brittania I'd Waive the Rules」ではやっぱりバッジーそのもので、さすがにやや冗長的な部分はあるけど、ギターリフにしても歌にしてもアレンジにしてもこの強引さやチープさやあり得ないだろ、っていう展開は相変わらずだし、鋭角的な音はやっぱり独特。強いて言うならば録音技術が高くなったから3ピースのこの音がチープに録られていることがアリアリと判ってしまうって事か。それもバッジーなんだけど。

 AC/DCのルーツってのもこういうところにあったのかもね。比較されることもないだろうけど、割とアプローチ似てるかな、なんて思った。メタリカが影響受けたってのは分かるけど、やってる音は全然違うしさ、いつまで経っても愛すべきB級バンド。なんだろうな…。



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
zitada  
あけましておめでとうゴザイマス

兎にも角にもこのアルバムは最後の曲Black Velvet Stallionにつきます
この一曲だけで買ってもいいです他の曲ですか?まぁいいじゃないですか
とにかくここで聴ける構成、空気感、トニー・ボージのソロは最高です

2017/01/03 (Tue) 10:48 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>zitadaさん

う〜ん、その突撃感がBudgie好きですね(笑)

2017/01/03 (Tue) 23:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply