Rory Gallagher - Blueprint

0 Comments
Rory Gallagher - Blueprint (1973)
BLUEPRINT

 年の瀬にはR&Rだよ、やっぱ。意味もなく勝手にそう思い込んで聴きまくってる次第だけど、やっぱり古いロックのエネルギーには敵わんよ、ってのも勝手に思ってる。今時のバンドでも当然パワーが有ったり熱意やテクニックがあったりするのも当然なんだけど、どういうわけかオールドロックのエネルギーまでを感じることが多くない、ってか全くない。ライブハウスなんかじゃそんなことないのかもしれないけど、それでもあのガツガツしたハングリーさは今じゃほとんど見当たらないだろうよ。もっともそれを求めている連中もいないだろうからそういうのは自分達みたいにそういうのが好きな連中と共に世の中から消えていくのだろう。う〜ん、寂しい限りだがそれもロックの宿命。

 Rory Gallagherの1973年リリースの3枚目のスタジオ・アルバム「Blueprint」。いや、もうね、昔から好きな人だったんだけど、長い年月掛けつつ聴いている中で、ジワジワとどんどんと好きになっていく人でして、昔は曲が良いの少ないからギターとかエネルギーとかパワーとか熱気とかそういうロック的なところが凄く好きだったんだけど、ここの所は割と曲も好きになってきてて、そりゃもちろん聞き慣れてきたからってのも大きいんだが、ワビサビを感じる歌心とか曲のセンスとか、そういう所で良いなぁ…と思うことが多くてさ。そこに気づかなかったらあまり聴かなかっただろうけど、そのあたりが繊細でよろしくてね、単にギター小僧って話じゃなくて、ようやくにしてRory Gallagherって人の非凡な才能を味わってる所とでも言うのか、ジワジワと楽しんでます。

 そんな中のこの「Blueprint」というアルバム、鍵盤奏者をメンバーに加えてのアルバムで、挨拶とばかりにバンバンと鍵盤が加えられてて躍動感溢れる作品に仕上がっているって言えるかな。それまでのトリオ編成でのギタープレイが好きだった人はちょいと邪魔が入ったか、って感じはするんだろうけど、それくらいの変化は良いじゃないか、どうせまた元に戻るんだし(笑)。TYAみたいなもんだよ、と。当時はそういうのもイマイチ感だったんだろうなと思うが、今ならそういうのも関係なくフラットに聴けるってなモンだろう。相変わらずのギタープレイ、切ないアコギのプレイも含めてこの熱さはやっぱり痺れるよ。



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply