Keef Hartley Band - Halfbreed

3 Comments
Keef Hartley Band - Halfbreed (1969)
Halfbreed-exp.+remaste

 はっきり言ってしまうと何言ってるんだ!と叱られるのは分かっているのだが、敢えて書いておくと英国ブルースロックは当然偽物で好きなヤツがなりきりたくてモノマネをひたすらとことんやってみた結果出てきたシロモノでしかない、が故にオリジナルの黒人ブルースを超えることはないし、アメリカのブルースを超えることもない、それだけでは。だからどうしてもモノマネでしかないし、軽さが伴うのも英国ならではなのだろう。だからダメなのか、悪いのか、って話ではなくって、それこそが英国のこの時期のブルースロックの特徴だったってことで、そこから逸脱していったストーンズみたいなバンドは独自のロック路線があったってことでね、そうはならない多数のバンドを聴いている身としてはそのモノマネ感が好きではあるが…。

 Keef Hartley Bandの1969年のデビューアルバムとなった「Halfbreed」。一番驚くのはまずゲイリー・セインがベースを弾いていたバンド、アルバムだ、って事だろう。そう、あのUriah Heepのベーシストのあの人です。だからロックは面白い。色々な下積みがあってこそ花形のバンドにいられたのだ、的なトコあってさ、このゲイリー・セインって出てきた時はマイク・ヴァーノンのブルース畑でベース弾いてたんだよね。独特のボコボコのベースの音でさ。それがこの後3年したらUriah Heepのあのノリでのベーシストで、強烈なラインを聴かせるベーシストですよ。悪魔に魂売ったんだろうか、だから感電するわその後すぐにあの世に行ってしまったりしたけど、それはロックと悪魔のお話で、ここではピュアなベーシストとしてブルースロックの名演のいち員としてしっかりと聞かせてくれてます。

 いきなりゲイリー・セインから入ってしまったけど、キーフ・ハートレーってドラマーね、この人も色々なのに挑戦する人だったけど、この頃はもちろんブルースロック、ギターの人も良いギター弾いてるんだけど無名なママで終わっていったようだ。しょうがない。アルバム的には全編ブルース、しかもギター中心で個人的好みからしたら結構よろしい感じなブルースロックですね。もちろん人生でコレを聞かなくて損するって程のアルバムじゃないけど、どっぷりとハマれる音ではある。ミラー・アンダーソンってボーカルなんだけど、これがまたソウルフルな声の出る人で、粘っこくて嫌いじゃない。でも、しつこい(笑)。そんな感じで湿られている個性的なバンドとアルバムの作品、まだまだこういうのいっぱいあるんだよなぁ。







関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 3

There are no comments yet.
teru_z  
なんでそこまでロック好きになれるの? スゲーよ

ミーハーな俺からすれば、ジミヘン聴いてる方がいいやと思ってしまいますw

2016/11/20 (Sun) 21:07 | EDIT | REPLY |   
デューク中島  
私的には この1枚だけが 良かった

これ以降のも 何枚か買ったのですが、苦手なブラスの割合が増えたことも有って、これ1枚で いいかなと なりましたね。ミラーアンダーソンも この盤がベストだと思います。

2016/11/20 (Sun) 21:36 | EDIT | REPLY |   
フレ  

>teru_zさん
その方が人生シンプルで良いと思います(笑)。

>デューク中島さん
確かにブラス多いですけど、奇跡的な融合が果たされたアルバムなのかな。

2016/11/23 (Wed) 19:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply