John Dummer Blues Band - Cabal

2 Comments
John Dummer Blues Band - Cabal (1969)
Cabal/John Dummer Band (2in2)

 英国60年代中期から後期にかけて圧倒的人気を誇ったのがブルースロックだったが、それは黒人ブルースをそのまま自分達風にアレンジして演奏するというもので、オリジナリティがあるものというものは多くはなかった。今聴いてもその頃のブルースロック系でオリジナリティ溢れる作品というのはそう多くない。どちらかと言うと本気のブルースをよくぞここまで出来ている、というような評価で名盤になっているものが多い。その辺をぶち壊したのはCreamやZeppelinになるんだけど、Freeってのもその意味ではかなり個性的なブルースバンドだった。

 John Dummer Blues Bandってのがあってね、1969年に「Cabal」というアルバムをリリースしている。その頃はもちろんこの手のブルースロックバンドとしてはとても評価されていたし、今でもそりゃ評価されているバンド、アルバムだし、これぞ英国ブルース・ロックアルバムだ、と言い切って良いと思う。Fleetwood MacにしてもSavoy BrownにしてもChecken Shackにしてもみなこの路線だ。その路線ってのはっやっぱり焼き直しでしかないと言うか、先が読めるブルースそのままというもので、バンドのオリジナリティがプレイや歌声でしかなく、曲じゃないんだよ、っていうもの。CreamやZeppelin、Freeなんかと比べてみれば言いたいことは判ってもらえるのだろうとは思うけど。

 それはさておき、ギターには後にGroundhogsを結成するT.S.マクフィーを迎えてのブルースアルバムだから、モロにそのままのブルースギターが聴けます。この人もGroundhogsの時には進化系ブルースロックをやっていったワケで、その下積みにはこういうオーソドックスなブルースってのがあったのだな。もちろん、ドハマリで全然良いギタープレイ、ってかそれが全編を制していると言っても良いくらいだ。だから普通に好きなブルースギターをたっぷり聞けるアルバムで、名盤と呼ばれるのはもちろん当たり前。一度は聴いてもらいたいアルバムの一つです。でもねぇ、自分的にはこういうのは割ともう飽きてるってか、そんなに差がないからかなぁ…、やっぱりどっか違う。歌の深さなのかギターの深さなのか、バンドの重さなのか…、それぞれ嫌いじゃないんだけどな…。



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
デューク中島  
お久しぶりです

ブリティッシュ ブルースと言えば、あの老人が 飛びついて来るはずだがな と思われていたのでは(笑)? ずっと 記事は拝見していて、ブリティッシュフォークとか、気になるエントリーが色々有ったのですが、ちょっと プライベートが 大変だったもので。70年前後の日本では、三大ブルースロックバンドと クライマックス シカゴ位しか 日本盤は出ていなかったし、輸入盤でも ラブ スカルプチャーや エインズリーダンバー、グラウンドボッグスあたりしか 手に入らなかったと思います。ジョンダマー、キリングフロアーなんて、名前が マニアックな記事に出ても ジャケットデザインもレーベルも 分からなくて、探すの大変でした。ジョンダマーの二枚を見つけた時は、嬉しい反面、遂に見つけたぞ、この野郎! と親の仇を見つけた様な 変な気持ちでした(笑)。ギターが それほど歪んでないから 粘っこくもなく、ちょっと 線が細い感じかな。

2016/11/19 (Sat) 21:42 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>デューク中島さん

元気そうで良かったです。
しかしまぁ、よくご存じですねぇ…、そのリアルタイム感が羨ましい…。

2016/11/23 (Wed) 19:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply