John Mayall’s Bluesbreakers - Live in 1967

0 Comments
John Mayall’s Bluesbreakers - Live in 1967
Live in 1967

 60年代のブルースロックってのは英国が火を点けたってのあるけど、アメリカでもごく一部の変わった白人のティーンエンジャー達がそのカッコ良さに取り憑かれていたってのあるが、英国の方ではブームにまでなってたし、そんなバンドもどんどん出てきていたから勢いあったしね、その中で一番中心的な役割を果たしていたとして知られているのがJohn Mayallで、クラプトン、ミック・テイラー、ピーター・グリーンを輩出していったことは知られているお話。それでもそんなにアルバムやライブが聴けたかってぇとそうでもなくて、割と限られた音しか聴けなくてね、追求したくてもなかなか出来なかったんだよ。それがだ、ココ最近の発掘シリーズでピーター・グリーン時代のライブなんてのが出てきてたみたいで、それを聴いてたワケです。

 John Mayall’s Bluesbreakersの「Live in 1967」。タイトル通り1967年の英国でのアチコチのライブから抜粋して出来上がっている発掘ライブアルバムなんだけど、良くこんだけ録音してあったな、ってのと残ってたなって。だったらもっと早く出せてたんじゃないか?って思うけど、だからこそ発掘音源なんだろう、聴けただけ幸せと思えって話。いや〜、ピーター・グリーン、凄いね。クラプトンのフレーズだろうが普通に気合と熱気も込めて弾くワケで、そこに自身のブルースイズムもしっかりと入れてのプレイ。John Mayallってホント、どんだけすごい人なのかってのは今でも分かってないんだけど、こういうプレイヤーが伸び伸びと弾いているっていうのを出せる場ってのはなかなかないだろうし、その器が凄いのかも。

 しかしこういうライブアルバムって聴いてるとその場にいるかのような感じでハマってくな(笑)。音悪いから余計に時代的にトリップしててそこにいるみたいにね、要は多分生々しい音すぎて何の加工もされてないからライブ会場で聞ける音そのままってことで、だからその場にいるかのような感じなんかな。ただ、難を言うならばやっぱりアメリカの同時代のそれよりは明らかに骨っぽさが劣る、っつうのか本物さ加減が違うっつうか…、これはもうしょうがないけどね。







関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply