Airbag - Disconnected

0 Comments
Airbag - Disconnected (2016)
DISCONNECTED

 アルバムがリリースされるのを心待ちにして発売日になってワクワクしながら聴くというバンドって自分達なんかはそうそう多くないと思うけど、今時の連中ってどうなんだろ?そりゃさ、アイドルとかってのは別として、普通に一番でもないバンドの音とかさ、そこまで気にしてないんじゃないかとか勝手に思ってるんだが。ましてやこんな深いニッチなロックバンドの世界でそういう人も多くはないだろうし、それでもしっかり新譜は出ているし聴き応えもある、もっともっと知られて然るべき存在なんだろうけど、日本で人気のあるノルウェーのバンドなんてそうそうないしねぇ…。

 ノルウェーのAirbagというバンドの2016年作4枚目のアルバム「DIsconnected」だ。冒頭からピンク・フロイドそのものだろ、ってくらいに以前からこのバンドのモットーはピンク・フロイドの雰囲気を如何にして現代に伝えるか、的なところが大きく、オリジナリティがあるか?ってとこなんだけど、それがまた不思議なことに個性的なのだな。曲調にしても歌にしても大げさなアレンジにしてもフロイドだけではない、あの雰囲気を持ちながらもっと曲をフロイドの世界に近づけて…って何書いてるんだ?ってなるけど、ん〜、フロイドってもっとこういう音でも似合うじゃないか、ってのを実践しているっつうかさ、そういう夢みたいなことをやってる感じ。だからフロイド愛に溢れすぎてて自分達はそれよりももっと夢のフロイド像を作っていってるんだ、みたいな。

 今回の「Disconnected」はもう中後期のフロイドの、もっと絞って言えば「炎 ~あなたがここにいてほしい~」のフロイドの拡大解釈版で、現代的に聴きやすく、手法はギターを中心にしながらの歌ものとして、それでもゆったりと大らかにリスナーを心地良くさせ、静と動をハメ込み、見事なまでのアルバム完成度と構築美を聞かせるという作品。名作なのかどうかと云うのはよく分からんけど、凄い作品。古いロック好きなリスナーなら多分一気に聴けてしまい、どこか懐かしさを覚えたまま浸れてしまうんだろうなぁというトコだ。





関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply