Mermaind Kiss - Etarlis

0 Comments
Mermaind Kiss - Etarlis (2007)
Etarlis

 すっかりとしっとりした女流ボーカルの歌声と自然な旋律のサウンドに癒やされている日々が続いているけど、悪くないね。じっくりと聴ける時間を取ってじっくりと聴く。アナログだったら普通の話だけど、今の時代でこうした聴き方ってのは意識しないと出来ないし、普通に流しちゃうだけじゃわからないことが多すぎる…ってかバンドやミュージシャンに対しても失礼だし、アルバム制作に費やした時間くらいは聴いて然るべきとは思ってるけどなかなかね。でもしっかりと琴線に響けば聴きまくるんです、当たり前だけど。そんな一枚を…。

 ちょいと古いけどMermaid Kissって英国のバンドの2007年のアルバム「Etarlis 」、3枚目くらいかな、かなりの名作で、しっとりと美しく数名の女性ボーカルが歌い上げてくれるというバンド、音はケルティックなバンドと紹介されていることが多いけど、そこまででもないかな。ケルト風味はそりゃたくさん入ってるんだけど、そこに固執しないで旋律の一つとして上手く使いこなしているという感じ。ちょっと聴くだけだと普通にポップに聴こえてしまう側面もあるけど、よく出来てる。明らかに英国ロック、しかもネオプログレ的な分類に入ってくる音、そこにこだわることもないが、随分と楽しませてくれる。

 初期作品は聴いてないけど、このアルバム「Etarlis 」で遂に化けたってことらしいので一番良い作品を聴いているのだろう。陰鬱ではあるけど希望の光が見えている歌声とメロディで決して絶望することなく漂い続けていく、そんなイメージだ。うん、この手のは周期的に聴きながら発掘していってるので自分的にも好みな世界。







関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply