Priscilla Ahn - A Good Day

0 Comments
Priscilla Ahn - A Good Day (2008)
Good Day

 色々と病んでるなぁ…。ロックってやっぱり元気とかパワーとか勢いとかがないと聴けないっつうか聴く側もパワー使うんだよ、きっと。先日久々に友人に会った時に話してて、ちょいと前に結構な病だか怪我だかしてて、さすがにその時にロックとか聴いてたら辛くて、軽いの聴き始めたらBabymetalにハマったって笑ってたけど、最近自分でもどうにもロック聴いてるとしんどいな、っていう時もあってさ、何か聴いてても聴いてないっつうか、そういうのもあったから今の自分に合うのを聴いてる方がいいな、そもそも音楽ってリラックスしたいじゃない?ってのもあってね、適当に探してみた。うん、昔のとかだとまたアレコレってなっちゃうから全然関係なく、最近のポップス系ので探してみた。

 Priscilla Ahnって女の子の2008年のアルバム「Good Day」。一曲目のアコギとハーモニカと透き通る歌声がいいなぁ〜と。アルバム聴き進めていくと普通にポップスになっちゃうから面白味がどんどん無くなっていくのが残念なんだが、根本的にはアコギと歌とピアノだけなのでナチュラルで聴きやすい。さすがにそれだけでシーンにいられないからアレンジをポップス風味にするのはわかるけどね。軽やかに聞きたいからという理由で見つけたんだけど、この娘名門Blue Noteからデビューしているという実力派のようだ。ふ〜む、そりゃそうか、こんだけの作品を十代で出しちゃうんだもんな。もう十代の天才って驚かないくらいたくさん出てきてるからそれがある種当たり前ってのもアレだけど。

 曲そのものが良いというのがまだまだ多くないから物珍しさの方が大きいか、シンガーとしての器量はあるけどクリエイターってとこがどうなのかな、って感じはするもののしっかりとアルバムも出し続けているし来日公演なんかもしてるみたいだから着実にステップアップしているのかな、忘れなきゃまた聴くかもしれないけど、多分忘れる。そう思うと70年代のフォーク歌姫たちは相当にインパクトあったんだなぁと改めて思う次第。





関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply