Epica - Holographic Principle

0 Comments
Epica - Holographic Principle (2016)
エピカ『ザ・ホログラフィック・プリンシプル』【完全生産限定盤CD+ボーナスCD+インストゥルメンタルCD(日本盤限定ボーナストラック収録/歌詞対訳付き/日本語解説書封入)】

 これだけ多種多様なサウンドがひしめき合っている音楽、ロックの世界で自分達の個性を打ち出すってのはそうそう簡単なことじゃないだろうけど、それでもしっかりとそれぞれのバンドが新作を出したりしているんだから、それはやはり個性的なんだろう。目立つほどのものじゃなくても確かに個性的だよな、みたいな所があればウリになるしね。あまり考えすぎるとファンから嫌われちゃうからその辺も上手くやって…ってのがあるから難しを増しているかも。でも、新ためてシーンを見ているとやっぱり個性的なのが残っているし、過度期は色々あっても結局はふるい落とされていくもんな。

 Epicaの新作「Holographic Principle」。このバンドも自分的にはどこがどういう個性で、ってのをきちんと消化できないまま毎回聴いているバンドのひとつなんだけど、今回の「Holographic Principle」はもう明らかに個性を感じる一枚で、なるほどね、こういう世界なんだよな、と納得した。いや、その間のライブアルバムとかでも凄い世界観だなぁってのとかあったけどさ、それはライブというイベントだからだろって思ってたのもあって、そこに行き着くとは思ってなかったんだよな。ところが、このゴージャスで混声コーラス怒涛の世界とかオーケストラ的なものとの融合が当然な世界っつうかね、そこまで派手にやるんかい、ってくらいに突っ込んできた。シモーネ嬢のあっや細めな歌声を際立たせるのもあるし、そもそもシンフォニックならとことんまでシンフォニックで突き進め的なのもあるんだろうけど、とにかくゴージャスで豪華な作風。芯はシンフォニックメタルだし、デス声もあるし昔のゴシックメタル的なモンだけどね、もっと曲に合わせてバンドの音が曲を躍動させているっつうのか、固定化された概念なしに曲と共に変化進化するスタイルで進行していくからものすごくハイレベルなサウンドになってる。そこにこのゴージャスなコーラス…クワイヤだ。

 一体どういう時にこういう音楽を流すのが適当なのか、今回はスピーディなのも多くて結構色々なシーンで聴いていられるアルバムになっている。Epicaってのはどんなバンド?って言われたらこのアルバムかライブ盤をオススメするかな。何か一瞬頭の中真っ白になるくらいにはインパクトのあるバンドとしてインプットされるんじゃないだろうか。





関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply