My Solid Ground - My Solid Ground

0 Comments
My Solid Ground - My Solid Ground (1971)
マイ・ソリッド・グラウンド

 ドイツのハードロックバンドに限らずその手のバンドのアルバムジャケットに対するセンスってかなり独特。今でもそうなのかもしれないけど、何というか、普通にセンス無い。無いっつうとアレだけど奇妙奇天烈なのが多くて、かっこいい!とか芸術的だ、みたいに思えるものがほぼ無い。それがドイツのセンスだと言えるのかもしれないし、だからこそドイツのジャケットなのだろう。不思議なものだ。これが他の国に当てはまるかというとそうでもなくて、やはりドイツだけって話だから個性的なセンスだ。

 1971年にリリースされたMy Solid Groundなるバンドのデビュー作「My Solid Ground」。時代としてはもうサイケから脱出しているにもかかわらず、このバンドの根底には大きくヘヴィナサイケが渦巻いていて、それはアメリカのヘヴィサイケなのかもしれない。割と大雑把なギターワークが目立つから聴いていてガレージ的な雰囲気は感じる。一方では時代を追いかけないといけない部分だったのか、サイケから脱却して浮遊していく世界観もあったりする。オルガンやピアノなどの鍵盤プレイヤーが参加しているバンドだから、ヘヴィなトコと静かなる歌の世界を同居させていて、ある種独特なバンドの音を築き上げてはいる。ただ、ドイツらしさってのとは無縁で、ほぼ英国のロックと同じ世界観で聴いてみて、という所からの話。

 冒頭から垂れ流しの長尺曲、それもパープル的なアプローチだからかなり冗長なイメージはあるけど、演奏の熱さがそれを気にさせなくしている。他の曲も同じくで、やっぱりこの時代のロックだよ。一発入魂的に気合が入った録音ばかりでガツンガツン来るプレイだもん。武骨なまでに一辺倒なハードロックでの攻め込み、素直に受け入れようじゃないか、この心地良さを。



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply