Message - From Books & Dreams

2 Comments
Message - From Books & Dreams (1973)
From Books & Dreams

 自主制作1,000枚だけリリースの70年代の幻の作品、何とか何とか、ようやく再発!ってのはやっぱり貴重なアイテムだ、って事は理解しやすい。本当に音楽がDLやネットだけで存在するようになったらそれはもう貴重度希少価値ってのはあり得なくて均一に並んでいる音楽のひとつになる。そうなると均等に聞く人が出て来るから後々のそれぞれの作品の評価が結構変わってくるんだろう。何十年単位のお話になるけど。今はまだ古くからのアナログ時代の歴史が持ち込まれてるからそういう視点にはなってないが、そうなるのかなぁ…なんてふと思った。自分が生きてるウチにそうなるなら見てみたい世の中だ。自分達の爺ちゃん達もそういう事思ったんだろうか?とふと思った。

 さて、1972年にデビューアルバム「The Dawn Anew Is Comin」をドイツからリリースしたMessageなるバンド、こちらも英国とドイツの混合バンドで、今回は翌1973年にリリースされたセカンドアルバムの「From Books & Dreams」だ。何ともインパクトのあるジャケットで…、見たことあるような…って気づいたけどMcChurch Soundroomの「Delusion (Remastered)」に似てた。んで、このMessageのファーストアルバムを以前書いてるので、そうか、なんか妙な錯覚を起こしていた…って思いつつ聴いている。正しく70年代初期のごった煮サウンドそのままでハードロックをどうやって展開できるか、みたいなのに挑戦している姿が見えて面白い。もちろん一辺倒なハードロックのはずもなく、そこには寸劇やドラマも入りつつ、ジミヘン的なギターサウンドも加わり、楽曲は自由に変化していく展開は当然、そして空を舞うかのようなサックスの音色がジャジーなバックの音の中で美しく響き渡る…、この辺はCatapilla的な混沌さに通じるか。アルバムの終盤に行けば行くほどにこの混沌さと恍惚感が増してきてアルバムジャケットのドクロを舐め回す蛇がヌルヌルと動いているかのような音世界。演奏は大して上手くもないし、若さと気合と熱気だけでここまで創り上げているような部分はあるが、ギターの音は好きだ。ストラト系だろうが、こういうスカンとした音はシングルコイルな音の感じで良いね。

 やっぱりこの時代の面白さは何でもありの大作だ。長い曲を作ろうってやってるのかもしれない。無理なくそつなく自然に流れが出来上がっていて、様々なドラマが盛り込まれていながら最後には最後らしい展開をきちんと持ってくる。そういうドラマティックな世界があるから、一概にハードロックと言えない部分が音の深さを出してて、英国のそれに肉薄する作品のひとつになってる。ジャーマンハードの世界もかなり広くて楽しめるけど、似たようなアプローチが多いのがちょいと難点か…。



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
kazz-asai  
呪術的HR

1st同様、たしかにKeyとGのからみなどはAtomic Roosterなどのオルガンロックにつながる画一的なものですが、Saxをも駆使したBlack Sabbath+King Crimosonといった趣の魔術的なヘヴィロックは、その世界を的確に表現したアートワークとともに、個人的に'70s独HRでも特別に思い入れのある作品です。
全篇を通してのうねるベースもカッコいいですし、無気味な呪文のようなTurn Overなどのアイデアもなかなかのものですね。
この作品を最後に、普通のロックに変貌してしまったのはいかにも残念です。

2016/10/03 (Mon) 21:51 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>kazz_asaiさん

このアルバムはかなりインパクトあったんで気に入ってます。
この後はまだ聴けてないですが、またどこかでトライしてみます。

2016/10/09 (Sun) 22:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply