Robert Jr Lockwood - Steady Rollin’ Man

Robert Jr Lockwood - Steady Rollin’ Man (1974)
ステディ・ローリン・マン

 昔はリズム&ブルースとブルースの意味合いの違いなんてのがよく分からなかった。R&Bってブルースも含めての事じゃないの?とかね、ソウルとR&Bとかブラコンとかその辺の意味の違いも分からなかったな。単なる総称なんだけど、それなりにその単語があるということは意味があるってことだろうし、それぞれの代表的なモンってのがあるんだからそれなりに意味のある呼び方なんだろうと。そこでブルースだ。R&Bのブルースじゃなくて純粋にブルースだ。それには戦前と戦後がある。ただ、戦前に活躍した人たちが再度活躍したのが70年代だから戦後ブルースと重なってきてややこしい話にはなるのだが…。

 Robert Jr Lockwoodの1974年復帰してからの二枚目くらいの作品かな、「Steady Rollin’ Man」。この頃このままのメンツで来日公演を果たしてそのライブから超有名曲ばかりを収録した名盤「ブルース・ライブ!(フロム・ファースト・ジャパン・ブルース・フェスティバル)」なんてのもあるので、この頃が一番日本ではRobert Jr Lockeoodの名が知れ渡ったんじゃないだろうか。来歴はもうご存知のようにロバジョンの義理の息子、ってのはギターだけの意味かと思ったらホントに母親の再婚相手がロバジョンだったらしい…、女癖悪くて云々ってことは母親がその相手だったってことか?確か刺されたんじゃなかったっけ?まぁ、そういうのは色々あるんだろうということで、話を本題に戻して、ロバジョン直伝にギターを教わったRobert Jr Lockwoodのギターはロバジョンよりもちょっと現代的なギターフレーズで仕上がってるからまだ理解しやすいと思う。そこのあの手のギターフレーズがバンバン入ってくるワケだから馴染んだものだ。

 今の時代になってこういうのをたくさん聴いていると、それぞれの個性の違いをきちんと認識するまでじっくり聴くってのは皆出来るものなのかなぁ…。気に入ったのをひたすら聴けばそれで良いんだけど、あの人とこの人はこういうところで違っててさ、とかアルバム聴いててもどっかで聴いたような…ってのも多いけどギターのフレーズとかで聴き分けちゃうとかそういうのが必要な世界な部分もあるし、一般的ではないわな。Robert Jr Lockeoodはそういう面では尖った個性と言うよりはマルチ的な個性で多様なプレイヤーな方じゃないかな。だからアルバムそのものにはさほどの個性派宿ってないけど聴いたら凄いブルースな作品だからハマってく、そんなアルバム。ハマると面白いしね。



関連記事

Comment

[10531]

1985年の福山公演に行きました。(ピアノの有吉須美人さんの出身地でした)
アンコールではステージに上がれて、ロバート・ジョンソンスタイルのソロ演奏を見せて頂きました。

[10535] >おっさん

ロバジョンスタイルとはこれまた…、生で見れるってのは得るもの多そうです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://rockcollector.blog31.fc2.com/tb.php/4008-39d6d525

«  | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

過去ログ+

2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【29件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


楽天市場
HMVジャパン

Amazon