The Pentangle - Sweet Child

The Pentangle - Sweet Child (1968)
Sweet Child

 昔トラッドフォークに手を染めたのは2つの理由からだと思う。ひとつはもちろんジミー・ペイジのギタープレイを研究していくとすぐにバート・ヤンシュやジョン・レンボーンの名にぶつかるから、そこからの意識、それから英国ロック畑を漁っているとそこかしこでトラッド的なフレーズや曲調、アコースティックギターのプレイなど日本やアメリカではまるで聴けないパターンでのプレイが出てくるし、その他のバンドを聴いていたりしてもトラッドの影響であろう旋律はそこかしこに出てくるから、これは何?ってトコから始まったものだ。正しくはトラッドフォークというよりもエレクトリックトラッドの世界から入っているんで、本物のトラッドになっちゃうとそこまで聴いてはいないけどね。

 そんな中でのもちろん代表的なバンドがペンタングルで、1968年にリリースされた2枚目の作品「Sweet Child」はこの時点で既に二枚組のアルバムで、1枚はライブアルバム、1枚はスタジオ新作というような変則的且つ革新的なアルバムだった。冒頭から期待して聴くと拍手から始まることでライブと分かるけど、その完成度の高さと緊張感は音楽性云々とか以前に聴いているとゾクゾクしてくる瞬間が多い。やっぱり二人のギタリストの繊細な中での駆け引きとか音色、旋律、音使い全てがそういう雰囲気なんだろうなぁ…、これはもうペンタングルというバンドの特性でもあるし、二人が中心にやっている曲では更にそれが顕著になるから聴いていると実に楽しめる。こういう面白さって流して聴いてるだけだとわかりにくいから時間をゆっくりと撮れて集中して聴ける時じゃないとダメだけどね、いやはやこのライブ、凄いな。ジャッキー・マクシーの歌声も睨めっぽくなくどちらかと言えばハスキーに響いてくるんで、より一層の緊張感を味あわせてくれる。

 それにしてもどうやってこういう音とか曲とかバンド演奏出来るんだ?ジャズの流れが強い演奏方法なのだろうけど、綺麗にバンドでの音が揃うこともあるワケだし、当人たちの才能とか雰囲気とかなのかねぇ…、自分でバンドやっててそういう瞬間ってのもあるけど、それをずっとやっているってのはなかなか難しいだろうし、まだまだ馴染む前の楽曲群でそれはどこまで出来るんだろ?って思うけど、そういうのがプロの音楽家なんだろうな。こういうのからギターを始めるってやっぱ凄いわ。ジミー・ペイジ然りだけど、その辺への造詣の深さはクラプトンやベック、ジミヘンにはないセンスがツェッペリンをああいう存在のバンドにしたんだろうね。やっぱりそこに行き着いてしまうけど、そんな納得感をたっぷりと味わえる素晴らしいアルバム。





関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://rockcollector.blog31.fc2.com/tb.php/3987-557f79d9

«  | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

過去ログ+

2017年 12月 【1件】
2017年 11月 【17件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


楽天市場
HMVジャパン

Amazon