Steeleye Span - Below the Salt

Steeleye Span - Below the Salt (1972)
Below the Salt

 薄暗い天候が続いているから暑いというのがより一層薄れてきててそれはそれでよろしい、というような気分でもある此の頃、ふと静かなトラッド系でも久々に聴きたいな、なんていう気分の変化が訪れたんでちょいとチョイス。昔は結構色々とハマって聴いて集めてたりしてんでそれなりに色々とある、あるけど聴き倒したか?ってぇのとはちょっと違っててさ、もちろん口ずさめますなんてほどじゃないのは当たり前で、雰囲気的な聴き方しかしてないからなぁ。それでもバンドとアルバムでの印象ってのはそれぞれ持ってるけど…。

 Steeleye Spanの1972年の作品「Below the Salt」4枚目、御大アシュレー・ハッチングスが脱退してしまった後に残されたメンバーが作り上げた作品。…とはよく言われるんだけど、どうなんだろな…、バンドの屋台骨がいなくなった、っていうのはあるけど、元々その筋の人達を集めてのバンドだったワケだし、作り上げてる音楽性は既に初期3枚で打ち出してるからバンドの方向性も見えてた中での「後、頼むわ」って出てったんだろうから残った方も、まぁ、そういう路線でなら出来るかな、ってくらいに作ったんじゃないだろうか?などと勝手な勘ぐり。もっともウッズ夫妻も消えてるし、既に何でもありな状況だった気もするけどさ。バンドというかひとつのグループとしての創成期としてはありがちなお話、ここからがバンドとしてのビジネスがスタートという捉え方をするとメンツも固まって皆が同じ度量での建設的なスタンス、平穏無事に運営されていく中でのアルバム、と見ても良いか。

 てなことでの「Below the Salt」、ドラムレスは相変わらずで軽く歪んだギターの効果が顕著で初期のやたらと重い音を継承はしているけど、重鎮がいなくなったことでか、そこまでの重さはない。故に聴きやすいという部分もあるけど、ユニークだよなぁと毎回思うトラッド…エレクトリックトラッドの世界、リズムとフレーズの合間に出てくるトラッド的なフレーズの読み込みの旋律、楽器陣営も決まっているのに妙に多重的な音が聞こえてくるのはフレーズと旋律の豊富さ、それも民族的なフレージングだから印象に残る。そこにマディ・プライヤの歌声だ。ちょっと間違えれば非常に呪術的に聞こえもするこの歌い方が絶妙なバランスで成り立っているのだろう。

 昔はあのアルバムが、とかあったけどこんだけ時間が経って聴けばどれもこれも良い作品だし、個性的な側面も出ているしチャレンジもしている。ようやくそういう耳で聴けるようにはなってきたのかなぁ…、ロック根幹にはこういう音があるのを理解した上での英国ロック、という認識だから聴き始めたんだけど、今時のバンドにその血脈があるのかどうかはわからん。ただ、それでもこういう音がふと聴ける、ってのは嬉しいね。



関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://rockcollector.blog31.fc2.com/tb.php/3986-a89aa458

«  | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去ログ+

2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【28件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


楽天市場
HMVジャパン

Amazon