Red Hot Chili Peppers - The Getaway

0 Comments
Red Hot Chili Peppers - The Getaway (2016)
ザ・ゲッタウェイ

 ギター弾く人っとベース弾く人、ドラム叩く人とそれぞれが会話してるとやっぱり明らかに好みや同じアルバムでも聞いている所が違ったり、好きな部分も全然違ったり、それは皆そうだろうけど、楽器やってる分類で聴くとそういうのはやはり結構出てきて面白い。ロックやアルバムへの入り口なんかももちろん違うし、色々な会話があって楽しめるのが宴の喜び。そんな中、自分が全然特異としていないバンドの話題も出てくるのは当然で、そっか〜、久しぶりに聞いてみるかな〜って思ったのがこちら。

 Red Hot Chili Pappersの2016年作「The Getaway」。レッチリってそんなに聴かなくて、ライブアルバム聞いてやっとその面白さがわかった程度のにわかリスナーなので、大して書ける事もないんだけどさ、ただ、ライブ聞いてるとやっぱり凄いロックバンドなワケで、あんだけのテクでバカ騒ぎしてあのグルーブ、やっぱ凄いパワーだ、って印象が残ってて…、ただそれでもアルバム聴いてみるとそのパワーはイマイチおとなしく感じられてしまい、曲が良いというのでもないからやっぱりアメリカ的な所が大きいのか、歌詞がわからないから自分が楽しめないのか、自分的にはあまり馴染まないようだ。けど、こんだけ残ってるんだし、やっぱり面白いバンドなハズでまだまだあチャレンジかな、なんてね。んで、話題も出てきたし新作も出ていたのは知ってたんで聴いてみようかな、と。

 いや〜、大人のアルバムになってる。こんなにメロディアスになっちゃっていいの?あんだけのグイグイしたグルーブでの押せ押せバンドの面影はまるで見当たらない。一体自分は何のバンド聴いてるんだ?ってくらいの錯覚に陥ってしまうくらいに路線の異なるアルバムに仕上がっている。あれこれ見てると前作からギタリストが変わり、音楽性もそうなっているらしいけど、へぇ〜、こんな風になるんだ…。こないだ話しが出た時はいつものレッチリだよ、と言っていたけど自分の知識レベルが如何に古いか知らされた(笑)。いや、もちろんああいうのに近い曲もあるけど、それもまたマイルドに仕上げられていて歌メロが綺麗になってるからある種新しい世界ではあるんだが…。しかしこれはこれでどう聴いたもんか悩ましい。そうして何度も聞かされるのが秘訣なのかもしれないが(笑)。







関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply