Planxty - Planxty

Planxty - Planxty (1973)
Planxty

 その土地土地での土着的音楽ってのはやっぱり追求しないと外からはわからないし、そこにいるから、と言うだけで出来てしまう人もいるワケで、どこへ行ったってそういう土着的なものはあるし、その民族性なり地域性なりが面白く聞こえてくるものだ。歌詞にしてもやはりトラッド的なものになると歴史的背景からその土地、狭い地域での物語が組み込まれていたり伝承文学みたいなのが入っていたりと楽しめるものだ。ロックを遡るとそのヘンにも行き着くし、それを追求して始めてロックに戻ってきた時にその根底にあるものが判ってくる事も多い。どっからその宇宙的メロディが出てきたんだ?ってのはね、やっぱりそれなりにルーツがあるもんなんです。

 Planxtyというドーナル・ラニー参加の最初のアルバム「Planxty」が1973年にリリースされていて、当時から…と言うか今となってはスーパーバンドという呼ばれ方になっているけど、アイルランドの伝承音楽の中でも最も有名と言われるドーナル・ラニーってここから出てきたんだ、という捉え方で知ったんだけど、いやいや見事なまでにケルティックなトラッドで英国のそれとかなり近しい感じでの音楽を奏でているのはどっちがどっちの影響?ってなくらいだ。しかし何だろね、これ、ブズーキの改良版を持ち込んだってあるけどこの音なんだろうな、印象的な音色がアルバム全体を支配していて、独特の個性を放っている。歌は歌で見事にトラッドそのものの歌だけど、英国のはどっちかっつうと牧歌的というイメージがあるけど、こっちのはそんなに牧歌的ではなくて、もうちょっと刹那的と言うか…。

 ドーナル・ラニーって後になればなるほどに重鎮化されていて、アイルランドを代表するバンド連中の誰もが慕っている人みたいで、自分もそのヘンから名前を知ったのかな、こういう姿での音楽を奏でていた人なんだ、というのは知ってはいたけどじっくり向きあったのは今回が初めて。トラッドにハマってる時だったらもっと面白く聞いただろうけど、最近はもっとガツンってのが好みだからルーツ的な意味では抑えておきたいアルバム、という位置付けだ。



関連記事

Comment

[10469] アイルランドの曲の中には

曲調は明るいのに歌詞を見ると何百年も前の歴史的恨み言が綴られていたりしてびっくりすることがありますね。
後の記事のForgiven,Not Forgotten、知らずに買ったらMinstrel Boyという曲が入っていました。Corrs版もなかなかよかったです♪
この曲が好きでいろんな人のバージョンを聴いているのですが、今のところ一番心に深く残ったのはジョー・ストラマーGLOBAL A GO-GOの中の長ーいのです。

[10475] >背中合わせさん

映画ブラックホークダウンで使われてますね。あの長々したのは迫力あって好きです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://rockcollector.blog31.fc2.com/tb.php/3923-36265e88

«  | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去ログ+

2017年 06月 【26件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


楽天市場
HMVジャパン

Amazon