Cream - BBC Sessions

0 Comments
Cream - BBC Sessions
BBC Sessions

 ロックってオモロいな〜、と嬉しそうに言われた。なるほど、そりゃ面白いわ〜、と共感したものだが、ライブ中心のバンドの楽曲ってライブ毎に演奏が変わるから常にチャレンジチャレンジしているワケでね、毎日様々なアプローチを試しているワケよ。仕事だとしたらそんなことしないだろうけど、それよりも純粋にぶつかり合いハプニング、化学反応を楽しんで試している、そしてCreamはそれを売りにしていたから、常にそのアプローチがなけりゃ意味が無いと言い切るくらいまで追求していたバンドだ。そしてそのライブの幾つかをひたすら聴いていた時に、アプローチがあまりにも異なるものがあって、ひとつだけ完全にバンドが一体感を出しているライブ演奏があったんだな、そしたらそれがやっぱり一番カッコ良くてハマった演奏になっていて最高の出来映えだったワケだ。そういうのを発掘発見して納得したことがあったからこそロックは面白い、と。うん。

 んなことでCreamの…書いてないのは「BBC Sessions」くらいか。このセッション集で聴けるCreamの姿は正直かなり中途半端な印象を否めないもので、スタジオ盤の圧倒的にキャッチーで一般的に聴けるレベルを狙ったものとライブでの激しいプレイの応酬のギャップを埋めきれていない、と言うかその中間の演奏をしていると言うか…、そりゃ時間制限もあろうし、パワフルなライブ感は披露しておきたいし、って所での妥協点だろうが、結果的に残された音源でCreamの本当の凄さってのは出し切れていないんじゃないかな。まぁ、だからこそ後になってリリースされたことで、歴史的価値を高めたという意味合いのほうが強いのだろう。そんなこと書きながらも聴いているとやっぱり凄いバンドだなと思うシーンも数多く(笑)。

 自分がギター好きだからギターを追ってしまうし、そこで絡むベースを耳にすることはあるのだが、ドラムまではあまり耳が回らなかったんで、リズムへの挑戦と言うのかリズムじゃないな、リズムは同じなんだけど叩き方、叩くタイミングをズラしながらの変調を実験していくなんてのになかなか気づかない…、気づかないというのか何かヘンだな感はあるけど、そんなに分析までしないでリズムを追ってる…、そこに気づくと凄い事してるんだ、ってのが更に響く。やっぱりこういうバンドは隅から隅まで聴き尽くして楽しまないとね。自分的にはZeppelinは結構やってったけど他はそこまでやってないもんなぁ…、やはりマニアな人間と会話してると面白いわ(笑)。




関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply