Johnny Winter - The Woodstock Experience

2 Comments
Johnny Winter - The Woodstock Experience
ウッドストック・エディション(紙ジャケット仕様)

 音楽シーンこれほど広くあれ、本当に天才と呼ばれる人物はその中でも限られている。一般的に見たり聴いたりしていてもそれは判る人は判るだろうし、知れば知るほどにその天才ぶりに敬服することもよくある…、自分みたいな凡人には、という意味だけどさ。溢れんばかりの才能がどんどんと出てきて、プレイに楽曲に、歌などにそれらの天才さが弾け出てきて聴かせてくれたり見せたりしてくれる、ホント凄いよなぁと唸るばかりだもん。そういうのは少年期から飛び抜けていることが多くて、若いうちから自身の道が決まっていくってもんだ。

 100万ドルのギタリスト、Johnny Winterもその一人で、アルバムデビューは1969年なのだが、その時点で既にウッドストックに出演していたり、その前の年にはMike Bloomfield達と共演したりしていて新人さんなんてレベルをとうに超えたスタートを切っているという才能の発揮ぶり。そのウッドストックでのライブは近年になって「The Woodstock Experience」ってのでリリースされて、全貌が知られることとなったがそれまではボートラでのお披露目程度、そもそもレコード時代にリリースされたものにはMountainと共に入ってなかった有名バンドになってた。おかげで当面の間は双方ともウッドストックに出てたってことすら知らなかったもん。だから、デラックス版とか出てくるようになって、あれ?と不思議に思ったりね、アングラでその手のものが出てきて、出演してたのか?なんて調べたりさ。あの映画「ウッドストック 愛と平和と音楽の3日間 [DVD]」に入ってて見れていればもっと早くからハマってたのになぁとか思いつつも、結局は同じか…と。どっちも強烈だったからなぁ。

 それで「The Woodstock Experience」が今はリリースされている。映像は少ししかないんで残念だけど、それ見ててもなんだこりゃ?ってなモンでさ、ホントどうやって弾いてるんだか、みたいな独りよがりの圧巻プレイはジミヘンも見ていて楽しんだことだろう。この後セッションしてるしね。この人のギターって一人で低音もソロパートも両方弾いちゃってて更にスライドで幅を広げてて何だかよくわからないけど一人多重奏みたいになってるんだよ。だからフレーズ云々よりも弾き方が凄い。指は細くて長いし、本気でブルース。とにかくこれでデビュー前後の頃のヤツ、やっぱり天才ギタリストの名を欲しいままにしている人です、うん。

 そういえば映画「Down & Dirty」も見たいな。ジョニーの人生そのままが語られてて、ライブも入ってる感動的な映画という評判なので、見ておきたい映画だ。






関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
おっさん  

ベースはトミー・シャノン?
12弦を6弦で弾いているのかな、凄い演奏だ!

2016/06/08 (Wed) 19:33 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>おっさん

トミー・シャノン、ですね。

2016/06/12 (Sun) 19:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply