Babymetal - METAL RESISTANCE

Babymetal - METAL RESISTANCE (2016)
【早期購入特典あり】METAL RESISTANCE(EU盤)(防水カラーステッカー Toy's Factory 輸入盤ver.)

 まさかこういう形のグループが世界に通じる日本の代表になるとは誰も想像し得なかっただろう。ところが今や紛れも無く世界に名を轟かせ、また実力を評価されているグループできっちりと売上面でもそのセールス力を証明している。早い時期からその衝撃的な存在を知って密やかにハマっていたんで、この大ブレイクは予想できたものの、実際にここまでになるとただただ驚きと感動、そして夢を重ねて見てしまうという存在、そういう輩は多いのではないだろうか。VowWowやLoudness、EZOあたりから目論んだ世界進出、ピンクレディーや聖子が出ようとも叶わなかった世界、唯一Puffyが独自の形で進出に成功したとは言えるけど、もちろんロックリスナーからしての意味合いから同列に語られるモノではない。そういう意味でロンドン・ウェンブリー・アリーナを満員にしたという事実はどうあれ驚異的な事であり、夢のひとつを達成しているんだな。次はやっぱりMSG制覇だろう、と密かに願っている人もまた多いだろう(笑)。

 これだけ新作を待ち焦がれて聴いたのも久しぶりなBabymetalのセカンド・アルバム「METAL RESISTANCE」。何だかんだと半分くらいは知った曲が並んだので新鮮さ半分、なじみ感半分と聴きやすい構成、それぞれの楽曲云々もあるけど、大きく言うとオープニングからガツンと来てアイドルチックな歌から始まり、メロディアスな路線、混乱なお遊びシーンから怒涛の旋律、バラードを挟んでの超絶ドラマティックな大作と夢に向かってアルバムが終わりを迎える。完璧に計算され尽くされた構成で全く隙がない完璧なアルバム。個々の楽曲ひとうひとつ取っても全く隙のない、どころか余裕を持ってお遊びを入れているという計算尽くしの作品。プロがプロに徹してやりたいことをとことんまでこだわり時間を掛けて妥協せずに作り上げていくとここまで完璧なものが出来上がるという証明、当然売れる売れないのマーケティング戦略も組み込んだ上での音作り、それが故に日本盤とEU盤での音の作りは確実に異なっていて、自分的にはどうも国内盤が聴きにくい、と言うかEU盤が妙に馴染んだ音世界で聴きやすくてね、音作りそのものがそこまで視野に入れて作っているんで好みがはっきり出る。細かい話では日本盤には「シンコペーション」なる曲が入っているけど、EU盤はこれが「From Dusk Till Down」という曲に差し替えられている。前者はタイトル通りに一般的なビートメタル的な曲でシンコペーションで食いまくっている日本人大好き系な曲で、どうにもこの手のは自分は好きじゃなくてさ、アルバムの中でこいつだけは邪魔だな、って思っててね、EU盤の方がいいかもってことで聴いてみたらこっちのがしっくり来た。「From Dusk Till Down」ってのはメタル的ではなくて歌も効果音的にしか入ってないからこういうのがアルバムに必要かと言われるとちょいとどうかと思うけど、アルバムの流れ上ひとつの展開としてはありだろうと。聴いてるウチにハマってくんだけどさ。

 驚くべきは最後の2曲の組曲とも思える恐ろしき展開。これがあるからベビメタなんて…って誰も言えなくなる。まぁ、他の楽曲も曲中の凝り具合はハンパなくって恐ろしいくらいだけど、特にこの終盤は人間業を超えた楽曲で今のところライブでは登場していないけど、絶対どこかで登場させて驚かせてくれることだろう。そういえば、何でここでBabymetalってのはさ、Iron MaidenとDragonforceが同日に別場所でライブをやってた日にBabymetalもライブやってて、正に英国の雄達と数キロ単位でしか離れていない場所で同時刻にライブをやっていたということからね、実際Babymetalのライブ会場内でもこれはネタになっていたようだが、そこまで狙ってライブ日程を突っ込んでいったのならば全くこだわりまくったマーケティング戦略だ。もちろん狙ったに決まっているが。4月初頭のウェンブリーを埋めて話題をさらい、そのままUSレイトショウでテレビ出演して全米へのアピールに大成功、帰国する頃にはアルバムセールスも絶好調、しかも世界レベルでの話題、そしてファンクラブ向けのライブを2本入れて、つい先日ミュージックステーションでテレビ出演するという話題作り。見事なまでに狙い計算し尽くされた売り方はさすがだ。それが嫌らしくなく、また負荷を強いるものでもなくあくまでも一般的なロック論の中で進んでいるのがロックリスナーも文句の言えないトコロなわけだ。

 ここまで書いているのを読んでもらってわかっちゃうだろうけど、まぁ、相当にハマってるワケですね、既に数年の間(笑)、色々とハマる要素あるけど一番は多分日本のロックが世界に羽ばたくという何十年モノ夢物語が目の前で実現されているという達成感なんじゃないかな。夢を乗せて見ているという部分がオールドタイムなロックリスナーに愛されるひとつの要因だろうし、若い世代には普通に可愛いからとか面白いからとかでいいんじゃないかと。メタラーからしたらぐうの音も出ない本格的なメタルサウンドなワケだからそもそも歌聴いてないから別にあれでも問題ないだろって話かもしれない(笑)。多分分からない人には全然分からないだろうけど、世界レベルでは分かる人もかなりいるということで自分もその一人だし、存分に楽しませてもらっている。このアルバムで当分の間相当楽しむことだろうし、ライブなんかがあればそれも見てまた楽しむだろうしDVDにしても同じくだ。妥協なしで質の高い作品を常に提供してくれれば時間がかかろうが構わないし、そういう消耗品じゃない路線、音楽やアートとしての作品価値を高める創造物の制作をしているという意思を貫いてほしいな。

See you♪








関連記事

Comment

[10431] コメントお久しぶりDEATH!!

「アルバムの中でこいつだけは邪魔だな」っていう曲がダントツで好きだという(笑)

なんかフレさんがいつ(ベビメタに)飽きるのか、楽しみになってきましたw

[10434] >ヒゲ・スカイウォーカーさん

う〜ん、彼女が今ここで歌う必要はないかな、ってトコですね。
いつ飽きるか…、割と一途なので一生ついていくかも(笑)。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://rockcollector.blog31.fc2.com/tb.php/3870-54971f4a

«  | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

過去ログ+

2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【26件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


楽天市場
HMVジャパン

Amazon