David Bowie - Station To Station

David Bowie - Station To Station (1976)
ステイション・トゥ・ステイション  <FOREVER YOUNG CAMPAIGN 2015>対象商品

 今年年初に他界したボウイさん、プリンスの逝去と共に思い出されたように合わせて書かれているものも多くて、一般人的には同じ80年代に名が上がっていたミュージシャンという括りで記憶に残っているんだなぁ、と改めて自分の認識と一般的認識との違いを感じたものだ。自分的にはもちろんボウイというアーティストとプリンスとはまるで相容れることのない別の世界でのミュージシャンだとカテゴライズされてるからさ、時代で切り取ればそりゃそうかというのはあるが、なるほどね、と。てなことで、じゃ、ボウイさん、何か書いてないのあるかな〜とアルバム並べてブログを見てみればふむふむ、まだたくさん書いてないのはあるなと。

 ってことで今回はボウイの1976年リリースの作品「Station To Station」。ジギー卒業後からアメリカサウンドへシフトしていきグリグリのソウルへの傾倒、ドラッグ依存などからもっとも妖しく艶めかしい時代でもあり、そこで映画「地球に落ちて来た男」への出演となり、その音楽も自分で担当したいからということで楽曲録音を開始したものの映画には採用されず、自身のアルバムとしてリリースする運びとなった作品、サウンド的にはそれまでのアメリカソウルサウンドからヨーロッパ寄りへの暗さを持った長尺作品が増え、またヨーロッパへの回帰の兆しが見られる作品。聴かせる歌が多く、正直どれも名曲と言って良いレベルの出来映えを誇る見事なアルバムでもある。冒頭からして10分以上の重々しい作品でスタート、これが不思議な事に全く飽きさせることのない曲になってて、展開も楽しみだし、この長さが苦にならないんだな。アルバム全部で6曲しかないのは能力の欠乏ではなく、意図的にレベルの高い作品だけを簡潔に聴かせるという志向からか、見事にそれが功を奏してて、昔ほんとにこればかり何度も何度も聴いてたもん。

 ジャケットは「地球に落ちて来た男」のワンシーンから採られたモノで、この頃のボウイの妖しさはしっかりと見られるね。この頃のテレビ出演の映像とか見るとホントにもうガリガリのボウイで、よくあれで生きてるな、歌なんて歌えるレベルか?ってくらいでさ、ドラッグやり過ぎなのは目に見えて分かるくらいだった。もちろんリアルで見てたワケじゃないけどね。よくもまぁ、それがこういう作品創れたものだと思うとやっぱりドラッグの想像力って凄いんだなとも思ってしまう。しかしヨーロッパ寄りのアルバムになりつつあるもバックメンバーは黒いからかやっぱりグリグリしてる部分は多いな。妙な混ざり具合こそがロック、うん、それでも傑作の一枚です。






関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://rockcollector.blog31.fc2.com/tb.php/3866-41e1972f

«  | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ+

2017年 10月 【20件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


楽天市場
HMVジャパン

Amazon