Chicken Shack - 100 Ton Chicken

2 Comments
Chicken Shack - 100 Ton Chicken (1969)
100 Ton Chicken

 やっぱりプログレをひたすら聴くってのはなかなか集中力続かないな。特に前衛的なのはホントに集中して聴かないとさ、BGMにはならないし、そんだけのゆとりが必要なワケでしてね、ついついお気軽に聴ける音楽に走ってしまいまして…、もうちょっと軽めのブルース系統が聞きたかったんじゃなかったっけ?って我ながら思い出してですね、そのヘンに戻っておこうと。…とは言えバリバリのブルースバンドってのもそうそう多くはないから、どの辺かな…なんて思いながらコイツで。

 チキン・シャックの1969年リリースの三枚目のアルバム「100 Ton Chicken」。この辺の3大ブルースバンドと言われるあたりって実はそんなに得意でもなくって、他のに比べたら全然聴いてない。やってる事は本格的なブルースなんだけど、どうにも線が細くてアグレッシブにグイグイ来るんでもなく、もっと純粋にブルースチックになっているからか、ロック的エッセンスに欠けるトコロが自分には物足りなさを感じるトコロだったのだろう。他の2つのバンドもそんな感じで、どうにも熱中できるほどではなかった。それでも英国ロック好きだからこの3大ブルースバンドってのは何かと出てくるから聴いたけどね。

 クリスティン・パーフェクトが結婚してFleetwood Macへ移り、ポール・レイモンドを入れての新たな心意気でのアルバム、音楽路線はまるで変わっていないけどスタン・ウェブはもちろん自分だけのボーカルで通すしかなくってギターも弾いてとある意味凄く充実したアルバムに仕上がっている、はず。その甲斐あってから純粋なブルースアルバムとして仕上がっててジャケットのコミカルさと相反した内容が評価されることが多いらしい。自分的には、相変わらずの線の細さが気になるけど、以前よりは慣れたかな。かと言ってホレ込む、ってほどの音ではないのはいつもどおり。割と悲劇なバンドなんで同情しちゃうけど、こういう音を出していたブルースバンドってのもなかなかないし、やはりそれなりの立ち位置でのバンドだったんだろうと。




関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
デューク中島  
まあまあの佳作

初期の2枚が ブルースのコピー、典型的ホワイトブルース。デラムの1枚目とラストライブがヘビーブルース、2枚目が ややソフト。この時期の2枚は 方向模索中ですが、まあまあだと思います。再スタート後は 私的には どれも不発の印象でした。

2016/04/15 (Fri) 23:19 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>デューク中島さん

もっとも中途半端な時期の作品のようですが…、そんな感触だったんでしょうね。

2016/04/17 (Sun) 23:58 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply