David Johansen - Live at the Bottom Line

0 Comments
David Johansen - Live at the Bottom Line
Live at the Bottom Line

 やっぱりアレだな、ソロアルバム作ってもバンドのイメージと大して変わらないってのが一番ウケるのかな。確かに聴く側にしてみるとそれがもっとも想像通りで裏切られないんだから受け入れやすいってのはあるもんな。やってる側の意思とかソロの意味とかまで考えてたらキリがないし、じゃ何でソロ出してるんだ?とかあるけどさ、色々あるんだろうよ…と思うくらいしかない(笑)。そういえばドールズの時に全然思い付かなかったけどフロントマンのDavid Johansenってソロ出してたんじゃなかったっけ?って思い出してさ、アレコレ探してたワケよ。うん、そしたら意外な発見があってなかなか楽しめてるトコロ。

 1978年にソロアルバム「David Johansen」ってのでソロデビューしてるけど、こいつがまたどうにも…ってアルバムでさ、何でかね〜ってついつい思ってしまったのだが、その印象を裏切ってくれるべくアルバムがあったんですな。1978年のライブの模様をプロモレコードにしてあったんだけど、結局プロモのままで本チャンリリースに至らずのまま埋もれてた「Live at the Bottom Line」。1993年になって、このライブ盤のフルレンス盤がCDになってリリースされたという代物で、だから1978年のライブそのままが出てきたという発掘ライブ。時代的にはソロデビューした後だからか、シルベイン・シルベインも参加しているライブってことで半分ドールズなんだな。この人達の場合はバンドが解散してからも自分たち自身はドールズみたいな音を出したがってたって人だから、ここでのライブはほぼそのままが聴ける。うん、だからジョニサンいないけど、ドールズ直系のドールズの歌声で聴けるR&Rバンドってことだ。もちろんドールズの曲もやってるしね、そんな美味しいライブ盤があったなんて知らなかったから、こうやって見つけて聴けるってのは嬉しいね。

 それにしてもまぁやっぱり無茶苦茶なんだな(笑)。ドールズを語るのと同じくらいなモンで、ジョニサンいない分まだまともか…そう言って良いのかどうか分からんけど、やっぱりバンドのフロントマンなだけあってそのまま雰囲気を出してるし、ファンも満足だろうしね。これってドールズ名義で出してればもっと売れただろうにな、そうはいかなかったんだろうけど。




関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply