Joe Perry Project - I've Got the Rock N Rolls Again

2 Comments
Joe Perry Project - I've Got the Rock N Rolls Again (1981)
忘れじのロックン・ロール

 どっかのバンドのメンバーのソロアルバムってのはそのパートによって異なるけど、ユニークに感じることが多くある。一番はギタリスト=大抵はバンドの曲も作っている人、なんてソロアルバムだ。そもそもが本人が曲を作ってバンドでやってるんだから、やりたい事は基本的にバンドでやれてるハズなのだが、ある程度の才能が一緒にいるとそうでもなくなってくるらしい。そこで初心に還って自分のやりたい音をとことんやりたいんだ、っていう欲求になってくるのかもしれないが、そうすると確かにバンドの中から何かが抜け落ちたような音として出てくるのだから頼もしい。やっぱりバンドのマジックや音ってのがそこにあって、ソロじゃ出せないんだなぁ、それが、ってことになる。だからバンドに戻ってくるのかもしれんが。

 Joe Perry Projectの場合はソロアルバムってんじゃなくて、エアロスミスを脱退して組んだプロジェクトバンドだから上述のお話には当て嵌まらないけど、明らかにエアロスミスの毒気が抜けたシンプルなロックンロールに回帰していて、これだけじゃなかなかシーンには君臨できなかっただろうと思わせるようなバンドになっている。早く言えばそこらのロックンロールなバンドが出来るレベルに近い事しか出来ていないのだ。まぁ、言い過ぎだけど、それくらいにレベル感の差が大きくて楽しめてしまう。今回は1981年にリリースされたプロジェクトとしても2枚目の作品「I've Got the Rock N Rolls Again」ってので。ジャケットカッコ良いよなぁ、この人はホント絵になる人でルックスも男らしくてちょいと悪い感じもあって正にロックンローラー的でカッコ良い。どういう性格なのかは知らないけど悪い人じゃなさそうだし、結構気遣いな人なんだろうな、とか(笑)。いや、それはともかくギターが似合う人。

 音はね、もうシンプルにロックンロールでしかなくて、PV見て分かるけど、もうバンドとしては何もルックス的にもバンド的にも音的にも特筆すべきこともなく、あぁ、ジョー・ペリーのギターだなってくらいで歌にしても何にしてもB級感満載で(笑)、曲もこんなにヒネらないのかってくらい。ファーストの「Let the Music Do the Talking」の時の方がもっと気合入ってた気がするけど、それは曲のバランスにかなり波があったからそう思うのかも。このセカンド「I've Got the Rock N Rolls Again」では粒ぞろいにR&Rでひたすら突き抜けてるという感じか。これで80年代を進まなくて大正解だよね。もう一枚のアルバム「Once a Rocker Always a Rocker」をリリースした後即座にエアロスミスに戻って大成するワケだし、この暗黒の時代ってのはエアロスミスの歴史的にも無かったことになってるくらいだし、ほんの少しのちょっと長めの休暇だったんだよ、くらいなモンだ。その合間にリリースされたソロアルバム、と思えばこの作品のシンプルさも納得できるし、このB級感もありなのだろう。






関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
お〜ぐろ  

3枚とも持ってるんですが、ギターに関してはホントにジョーが前面に出てて良いんですけど、曲が・・・ 
なんかどのアルバムもフックのある曲がちょっとしかない
3枚の中からチョイスして1枚作ったら傑作になるかも(笑 

2016/03/29 (Tue) 22:41 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>お〜ぐろさん

それでもどうかと…(汗)

2016/04/01 (Fri) 22:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply