Johnny Winter - Live Bootleg Series 2

2 Comments
Johnny Winter - Live Bootleg Series 2
Live Bootleg Series 2

 ブルースとロックの架け橋と言えば古いけどやっぱりこの人が一番体現してたかもなぁ…と思い出したので久々に引っ張り出してみた。まぁ、自分の死を長い間見つめ続けていた事もあってか、しっかりと自身でライブラリの整理をしてくれていたおかげで本人も納得する形での秘蔵音源がしっかりとリリースされているのはありがたいよ。ジミヘンみたいに無茶苦茶に出されても困るし、勝手にリリースされるのはいいけど、本人の意思がどうなんだ?って云うのはあるから、こうして本人が関わったブツってのは何か納得しやすいんだよね。だから手を出しやすいっつうか…。

 Johnny WinterのLive Bootlegシリーズの第二弾「Live Bootleg Series 2」ってのです。6曲しか入ってないけど、思い切りロックブルースそのものばかりで長いインプロもしっかりと入っているから収録時間は一時間弱というさすがの弾きまくりジョニーさんです。冒頭からスライド・ギターの光るエルモア・ジェイムズばりのサウンドで攻めてきて引き込まれますねぇ、ホント。途中はギターとハーモニカと歌のみでのシックな「Mississippi Blues」なんてのもあって、その後に怒涛の「Crossroad」と「Red House」なんだけど、まぁ、どれもこれもJohnny Winter節に化けててさ、オリジナルがどうのとかどうでも良くなってきて、見事な歌とギタープレイぶり。ギターはややコーラスがかかったサウンドだから70年中期頃の一番ロックしてた頃のライブなのかな、そりゃもう全盛期だから余裕しゃくしゃくでの熱いプレイったらありゃしない。音はちょいとよろしくないのもあるけど、生々しくて迫力満点だから好きだね、こういうのは。中身が充実してるから音の良し悪しってそんなに影響なくて、ハマれる。しかしどんだけギター弾いたらこういうのは出来るんだ?やっぱり天才だったんだろうと。

 カバー曲いくつもあれど、ホントに自分流に料理してアレンジしちゃってプレイしてるから聴いてると原曲忘れてしまって、ジョニーさんのプレイをひたすら聴いてるという始末…、いや、恐るべし才能。音の隙間がないんだもんな、トリオのくせにさ。それにしてもこのライブシリーズ、ホントに良いのを続々と出してくれてるから楽しめる。アングラもので聴いてたのとかもちゃんと出してくれてるからね、一気には聴かないけど、機会あるごとに聴ける音源があるってのは嬉しいよ。




関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
jamken  

こんばんは、お邪魔いたします。
懐かしいですね。
学生の頃、広島のジュゲムというロックパブで帰る前に必ずジョニーのジョニーモロニーをリクエストして踊りまくって帰っていた頃を思い出します。
彼のプレイは今はしんどいかもしれないけど、たまに聞きたくなります。

2016/02/20 (Sat) 19:27 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>jamkenさん

やっぱこの激しさは好きですね。

2016/02/21 (Sun) 19:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply