Ten Years After - Rock & Roll Music to the World

2 Comments
Ten Years After - Rock & Roll Music to the World (1972)
Rock & Roll Music to the World

 B級路線に走ればそれこそ色々とあるんだけど、どうもそっちな気分じゃなかったんで普通にメジャー路線な方向に進んでみようかと。それにしてもちょこっと漁ってたんだけど、B級どころかC級レベルのがどんどん発掘されていて、さらに各国の自主制作盤なんてものまで発掘されたりしてるみたいだから70年代縛りでロックを追いかけていても結構楽しみは続けられたのかもな。でも聴いてるとさ、やっぱり下手だったり音も悪かったりと熱い思いだけはわかるけど商品化されなかった理由も判っちゃったりするのも多いなぁ…。

 Alvin Lee率いるTen Years Afterの1972年作「Rock & Roll Music to the World」。不動のメンバーでのアルバムだけどデビューが早かったから既に7枚目くらい?既に成熟仕切ったと言うか、やり尽くした感もあった頃なのかな、それとも路線変更を色々と迷走していた時期でもあるみたいだけど、一方で世間的にはウッドストックの名演が世界に知られ始めてたので、速弾きギタリストの第一人者的にスターの仲間入りしてたというギャップ。あれはあくまでもアルヴィン・リーの一面でしかなかったんだろうけど、衝撃的だったんだろうなぁ、やっぱり。フルピッキングでの速弾きだもんね、自分も衝撃的だったし、それよりもバンドのパフォーマンスの凄さが圧巻だった。ただ、このバンド、不思議な事に全盛期があまりにも凄すぎたので、その後が続かなかったという印象が強くてね、アルバムでもそんな感じだったんで全部真面目に聴けてないかな。

 さて、「Rock & Roll Music to the World」だが、初っ端から70年代なロックの感じのリフと楽曲でニヤニヤしながら聴いちゃうよね。そうそう、こういうもんだろ、と。んで、音の抜けもソロもバランスもさすがのAクラス、アルヴィン・リーの歌声もギターも熱いし、やっぱりいいよね。アルバム丸ごとやっぱりさすがだな、落ち着いた感はあるけど相変わらずのアルヴィン・リー節全開だし、バンドの呼吸もさすがだし、特にブルース系統の曲なんて、スタジオ盤とか意識しなくても普通にライブテイク的な熱さを持ってるしギターも被せてどうのってんじゃなくて一発だろ、これ、ってくらいな弾き様でとっても素晴らしい。昔はこの大人しさがダメかな〜って思ったけど、今はこの大人しさが成長なんだろう、って思える。今なら言える傑作アルバム、か。






関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
も  

アルヴィン・リーはフルピッキングの早弾きじゃないでしょ。

2016/01/28 (Thu) 22:07 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>もさん

(笑)。

2016/01/30 (Sat) 23:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply