Emerson Lake & Powell - Emerson Lake & Powell

2 Comments
Emerson Lake & Powell - Emerson Lake & Powell (1986)
エマーソン、レイク&パウエル+2

 何か最近買うもの、買いたいものってのが少なくなってきた気がする。いや、CDとかDVDみたいな音楽系のは買おうと思えばいくらでもあるんだけど、そういうんじゃなくて買いたいものって結構無いんだよな。歳のせいか無駄なもの買わなくなってきてるし、モノが増えると捨てるのが面倒になるってのもあってあんまり買わなくなってるし、あるモノをまた買うとかもないし、欲深くなくなってきたのか、執着心が無くなってきたのか、あまりこれは買っとこう、みたいなのが無くなってきた。モノが増えないってのはゴミが増えないってことで良いんだけどね。

 ふとエマーソンってコージーとやってたのあったけど、あれどうだったかな〜、って思い出して聴いてみたりしたんですがね…、やっぱり不得手な「Emerson Lake & Powell」です。不得手ってか、好みじゃないってか、こういう鍵盤のテーマソング的なのって何かなぁ…、音色的にダメだ。歌もどうにもコレだって感じじゃないし、コージーのドラムは流石だな、って思うけど、どれもこれも偽物な音の感じで…って鍵盤ってそういう楽器だから当たり前なんだけど、この頃の鍵盤ってシンセとかサンプリングの初期の音だから作り物感満載な音がウケたんだろう。それがまたダメでして…、今聴くとそれはもう更にチープなんですが…。

 ところが、このアルバムからは結構な音がテレビなんかで取り上げられていて、なるほどパワフルで聴きやすくてアメリカンじゃないけど快活さがあって、って事で重宝したらしく、結構使われている。プロレスでも使われてたって事らしいが、全然自分の中ではイメージがない…、なんでだろ?時代がちょっとズレてるのかな、多分そうだろう。これって出た時どういう風に受け止められたんだろうなぁ…、エマーソンの音色もだし、コージーの参加もロック系から来たらちょっと違うんじゃない?ってなるだろうし、プログレから来ても音的に違うしさ、ただ、エイジアとかイエスがあの時代だから受けるってのはあったんだろうか。何でもやってみないとわからんしね。






関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
グラハムボネ太郎  
逆に私は

好きなアルバムですね(笑)
というか、ライブでコージーパウエルが頑張ってる姿がなんだか印象的でした。
それぞれですね(*^_^*)
だからロックはおもしろいんですね

2016/01/29 (Fri) 08:44 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>グラハムボネ太郎さん

そりゃ人それぞれですからね♪

2016/01/30 (Sat) 23:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply