Saxon - The Eagle Has Landed: Live

0 Comments
Saxon - The Eagle Has Landed: Live (1982)
Eagle Has Landed: Live

 モーターヘッド系三昧からハードな音に傾倒している年始だが、別にまだストレスが過剰にあるワケでもないから単に心地良さで聴いていると言えようか。正月にあちこち走り回った時もそんなんばっかり聴いてて、単調な音楽の方が心地良く走れるのはある。ただ、さすがにこの手のばかりだと飽きてくるので、チョイスが割と難しい部分もある。だからバリエーションに富んだ音を用意してないといけないというか…、結局iPhoneから流すってパターンが多い。

 Saxonの名盤ライブと言われ続けている1982年リリースの「The Eagle Has Landed: Live」。バイカーズロックってところで知られているが、実際バイカーって走る時に音楽聴く環境にはないだろうから、その系統の人間達が好むサウンドという事か。まさかヘッドフォンで聞きながら走るってもんでもないし、スピーカーから鳴らしたって音が全部流れてくだけだろうし、聞きながら走れないってのは残念だろうな。

 そんな話はともかく、冒頭から観客の歓声、そしてモーター音で始まってガツンと来る熱気に溢れた、そしてバンドの全盛期を象徴するかのような充実度の高いライブテンションが見事なライブ集だ。NWOBHMの騎手ってトコロだったようだが、そこまで拘らなくても確かにmotorhead的な音のスタイルとも言えるサウンドが独特。R&Rでしかないんだが、この暴力的傾向、パワフルな音はそうそう出て来ないバンドの厚みなんだよな。今でも現役で活躍している息の長いバンドだが、この頃の充実度合いとライブ感、押せ押せパワーの強さは流石です。パンクともメタルとも違うパワフルなR&R、男臭いバンドの気合の入ったライヴ・アルバム。




関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply