Roger Waters - The Wall

Roger Waters - The Wall (2015)
Wall [Blu-ray] [Import]

 昔のロックバンドが今でも活躍してて、もちろん昔の曲を演奏したりライブでアルバムまるごとやったりして人気を博していたり工夫を凝らしていたりするのも随分と見てきたものだが、さすがに往年のファンでも見飽きてきたって感があるんじゃないだろうか。そこには何ら変わらない安心感を求めているからそれでいいんだという向きも多いだろうし、人間年取るとそう思うもので、物事を変えたくない事に固執する傾向が多いしね。でもさ、それじゃつまらないワケ。かと言って新作ダサれても真面目に聴けないし、ワガママなリスナーを満足させるにはどうするのが良いのかね?なんて考えるワケじゃないが、往年のバンドの良さをもっともっと引き出せることがあるだろうと。そういう意味で見事に古いロックをそのまま進化させて大成功している人物のひとりにロジャー・ウォーターズがいると思う。

 これまでのロックアーティストの世界的興行成績で第3位となるほどの大成功となったツアーとなったというニュースを見てて、ロジャー・ウォーターズだよな?しかもやってるのは「The Wall」の完全再現ツアーだよな?マジか?って思ったのは自分だけではないだろうと思う…、だってさ、「The Wall」だよ?それが一般的人気のあるU2とかレディ・ガガとかボン・ジョヴィなんかと秤にかけられての興行成績だよ?いつから「The Wall」がそんなに大衆的なものになったんだ?ロジャー・ウォーターズ自体が人気あるとは到底思えないからPink Floyd人気だろうけど、それでもよりによって「The Wall」ツアーなんてさ、ホントかよ、って思うけど、これがどうもホントで、時代を経て「The Wall」のメッセージ性が共感されてきたのか、何だかよくわからんけど、一般的に聴かれるアルバムになっているのだろう。日本じゃ考えられないのだが…。

 そのロジャー・ウォーターズがツアードキュメンタリーを含めて映画化してしまったのが「The Wall」。2010年〜13年までのツアーの記録とそこにロジャー・ウォーターズ自身の物語、戦死した父と祖父への追悼を含めての記録映画に仕上げている。その追悼部分はともかくながら、圧巻なのは「The Wall」ツアーのスケールのデカさ。ちょくちょくYouTubeなんかでも見てて凄いな〜、これ、って思ってたけど、このクォリティの画質で迫力満点の映画というビジュアルで見るととんでもなく完成度の高い作品をツアーでやってたことがわかる。観客もひとつの参加者になりお面を被って歌いあげたりとかね。とにかく冒頭から圧倒的で、ビジュアルと音楽の組み合わせがデジタル機器の発展で更に具現化していて驚くばかりの美しさになってるし、メッセージもふんだんに織り込まれている。どこまでがリアルなのかどこからがビジュアルなのか、会場にいたら大きすぎて見えないくらいに周囲をビジュアルに囲まれていたんじゃないだろうか。凄い。そして名曲の数々を観客が熱唱しているのはさすがにリリースから30年以上経過しているからだろう、案外若者が多く見えるのも世代を超えた名盤であることの証明か。何といってもそのピークは「Comfortably Numb」になるのかな、始まった瞬間からあの独特のまったり的ムードが漂い、女性は舞い踊り、涙する、会場は全体がゆらりゆらりと揺れている、そこをロジャー・ウォーターズが煽り、至福の時が全てに訪れ、壁の天辺では残念ながらデイブ・ギルモアではないが、デイブ・キルミンスターが完璧なフレーズをなぞり聴衆を天に誘う。完璧に、そして見事にこのショウのクライマックスは時間の流れを止めながら恍惚としたムードを醸しだしてくれている。ここでのビジュアルとロジャー・ウォーターズの融合も素晴らしい。そして壁の崩壊で現実に戻される。

 アルバム「The Wall」にはないいくつかの小曲が間に挟み込まれ、オリジナル通りにこだわるでもなく、より一層の進化形を辿り今でも聴衆に新たな「The Wall」を提示してリスナーを増やしていくという意欲、作品に対するこだわり、この辺りがただ単に往年のロックをライブでやってるだけですってのとは違ったアーティストな作品なのだ。断言して言えるのは「The Wall」を楽しむならオリジナル盤じゃなくて今回の「The Wall」を見ることから入るのは大いにありだろう。どころか現時点でこの「The Wall」が完成形に近いだろう。そもそもがライブでの観客との間に壁を感じたことから出来上がったロジャー・ウォーターズの妄想アルバムだが、時を越え、ベルリンの壁崩壊時にはそれをベルリンの壁になぞらえ、今回は壁から戦争反対へのテーマへと摩り替えての再演、いずれにせよ「壁」というのは人間にとって何時の時代にもテーマになり得るものだからこうして姿形を変えてメッセージ性を高めてしまうのだ。当時は意識しなかったであろうが、人間の本質をエグった作品を作り上げたロジャー・ウォーターズの信念は見事としか言いようがない。そしてこの真実は「The Wall」の作品でも圧倒的に見ている人聞いている人に響く素晴らしいものに仕上がっている。是非、この一大スペクタルロードムービーを堪能してあの聴くのが辛いアルバム「The Wall」をそのままここまで大衆化させた仕掛けを味わってほしい。







関連記事

Comment

[10222] 生で観たい

オリジナルの"The Wall"が出たのが、10歳のクソガキ小学生の時で、勿論その時は歌詞のメッセージ性なんてカケラも理解してませんでしたが、
それでもレコードを聴いた時のイメージの強烈さは今でも鮮明に覚えています。
あれから30年以上経ち、現在のテクノロジーを駆使して、よりロジャーの理想の"THe Wall"再現になっているのでしょうね。
一度でいいから生で観たいなぁ。

[10224] ロジャー・ウォータースの記念碑

 これはロジャー・ウォーターズの一つの記念碑なんでしょうね。
アルバム「The Wall」はフロイド完全分裂の道のスタート記念碑であるし、彼の個人テーマの明らかな露見の出発でもあった。
 アラン・パーカー映画「Pink Floyd THE WALL」も今となると懐かしい。従って「The Wall」映画となると考えて見れば二作目ですね。ライブを主力に描いたところは初物とも言えますが。
 5.1チャンネルの大音響と、大画面でみて初めて納得するブルー・レイ盤でした。

[10227] 壁

>sinzさん
2002年の来日公演でもビジュアルと音響面は凄かったのを覚えてますが…、もうそんなに前か(笑)。

>風呂井戸さん
正に記念碑なんでしょう。さすがにもう無いとは思いますが…。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://rockcollector.blog31.fc2.com/tb.php/3720-6ed28a86

ロジャー・ウォーターズRoger Waters 映像盤 : 「ROGER WATERS THE WALL」

映画として仕上げたロック・ライブ・ショー「THE WALL」   ~やはりここに

«  | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

過去ログ+

2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【27件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


楽天市場
HMVジャパン

Amazon