Mott The Hoople - Greatest hits


 モット・ザ・フープル。ステージでの評判は「Violence」と書き立てられていたものの、なかなかレコーディングアルバムにその様相を記録することができずに泣かず飛ばずの状況が続いていたが、デヴィッド・ボウイとの出会いによって大きくバンドの運命が変わった珍しいパターンのため、なかなかバンドの実体が掴み難いのが正直なところ。実際に書いていながら自分も上手く把握していないので大きなことは言えないのだが(笑)。

 まあ、それでもバドカンからの流れで気になったので聴いてしまったのは手っ取り早い「ベスト盤」と「全ての若き野郎どもに」ですね。中期モットのロックンロールがたっぷり入っているので大体こいつで済ましてしまうといういい加減なリスナーではあるんですが…。よくグラムロックの一員として云われているけど決してそんなことなくって、もっと骨っぽいシンプルなロックンロールなバンドで聴いていると忘れてたけどバドカンで結構ここらへんのリフやら曲やらが持ち込まれているんですね。ミック・ラルフスの意地ってトコでしょうか。で、やっぱりライブ盤が聴きたくなって見つけたのがちょっと前にリリースされた1972年のフィラデルフィアで行われたライブアルバム。彼らの出世作「All The Young Dudes」からは何とボウイ本人がゲストで参加した珍しい瞬間をアルバムとして記録したもので、両方のファンとしては嬉しいリリースだったし、モットのライブとしてもやっぱり脂の乗った時期なのでライブバンドという面を実感できるね。映像は見たことがほとんどないんだけど、見てみたいな。
関連記事

Comment

[110] 遅くなりました

トラバサンクスです。
Mott The Hoopleは「All The Young Dudes」しかもってないですが、いいですよねぇ。これ以降のアルバムはいつか揃えたいと思ってます。って、そんなにないですね。
ではでは。

[2959]

ディラン・ミーツ・ストーンズ(^^;)!
初期の彼等も私は大好きなんです(^^)。
TBさせていただきました。
よろしくお願います(^^)。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://rockcollector.blog31.fc2.com/tb.php/37-3daff026

モット・ザ・フープル

☆ロックン・ロール黄金時代70年代を代表するグラム・ロック・バンド。イアン・ハンター(vo)、後のバッドカンパニーのメンバーでミック・ラルフス(g)、デビッド・ボウイとコラボ

MOTT THE HOOPLE『ALL THE YOUNG DUDES』

All the Young Dudes比較的、グラムロックは妖艶で暗影な音楽性を持つものが多いのですが、このMOTT THE HOOPLEはストレートなロックを得意とするバンドです。当時のファッションスタイルとしてはグラマラスな格好をしていましたが、ヴォーカリストであるイアン・ハンターの

「冬休みの宿題(13)『ROCK A TO Z』のM」 MOTT THE HOOPLE/1st

 ~以下、日曜日に書いた記事です(汗)~

«  | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去ログ+

2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【29件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


楽天市場
HMVジャパン

Amazon