Black Sabbath - Born Again

Black Sabbath - Born Again (1983)
悪魔の落とし子(リマスター)

 夢のセッションや合体劇、皆が望むジャムセッションや故のようなバンドやスーパーセッションと言われるものなどなど、大抵はロクなものが出来上がってこないというのが定説。もちろんテクニック的だとかそれぞれのプレイヤー面では個性を出しているんだろうが、根本的に良い曲が出来るということが少なくて話題だけになってしまうことが多いようだ。もちろん才能をセーブすることもないだろうからその時に最大限の才能が発揮できなかっただけなのかもしれんが、概ねハズすなぁ…。後年になって評価されるセッションなんかもあるのだろうけど、それは後に有名になるプレイヤーがいたから、とかそんな理由が多い。…ってもやっぱり夢のセッションってのは憧れるものだ。

 Black Sabbathの混迷の1,983年作品「Born Again」。オジーは華やかにシーンに打って出ている頃、古巣Black Sabbathはロニー・ジェイムズ・ディオが脱退してしまい路頭に迷っていた所にオリジナルメンバーのリズム隊をバンドに戻し、何とイアン・ギランをボーカルに迎えての復活劇を見せた。ネームバリューだけ見ているとそりゃスゲェ〜、一体どんな音になって出て来るんだ?って期待する人と、まさかそりゃあり得んだろ、絶対まともな音になるまい…ってのがいたんじゃないだろうか。奇しくも時代はNWOBHM全盛期、果たして…とリアルタイムだったらそういう気持ちでワクワクしただろうなぁ…。いいなぁ…、自分はその頃はまだBlack Sabbathって遠い過去のバンドとしか思ってなかったし、まだまだガキだったしさ。

 なので後追いです。でも、ロックを知れば知るほどにこのネームバリューのある二つの合体劇ってのはどんなんだったんだろ?って期待しながら聞けたから、後追いでもなかなかワクワク感はあった。初っ端からもう期待満々ですよ。そしたらこんだけの金属音かい、ってトコをイアン・ギランの雄叫び…、正に異種格闘技戦としか言えない不思議なバランスで新たなヘヴィメタルというサウンドを仕掛けてきてくれてる。オドロオドロしいベースは健在、後乗りのドラムも相変わらず、トニー・アイオミのギターだけはヘヴィに金属的に響き渡るように進化しているが、曲そのものはどっから斬ってもBlack Sabbathサウンド、イアン・ギランじゃなきゃどうだったんだろ?っていうのが今度は興味津々になってしまうようなサウンドで、全曲秀逸なレベルでの楽曲郡、それをイアン・ギランが歌う、それも曲の雰囲気はもちろん壊さない…どころか雰囲気を作り上げている一因でもあるし、こんだけダークでヘヴィでレベルの高いのはそうそう聴けないだろ。だがしかし、これをBlack Sabbathのイメージで語るとなるとやっぱり無理があるな(笑)。ある種トニー・アイオミ・バンドへの布石となったモノでもあるだろう。その後ジューダスのロブだってBlack Sabbathに参加するんだし…、あり得ないセッションや何でもありなことを実現してしまったバンドがBlack Sabbathなのかもしれない。

 凄いのは今の時代…このアルバムリリースから30年以上経過しているのに今のメタルアルバムに比べて何にもお摂ってないということだ。音も雰囲気もテクニックもメタリックさもインパクトもジャケットも全てに於いてこないだリリースされた、と言われても説得力のあるアルバムとして君臨していることだ。サバスを聴くならここから聴け、とは言えないけどサバスを聴くならここまで理解しろ、とは言えるね。





関連記事

Comment

[10125] 円鑿方枘

私はまず、1979年のオジー脱退に心底失望して、もうBlack Sabbathは終わりだと思いました。
それほどオジーの声とSabbathサウンドは絶対切り離して考えることはできなかったのです。
ところが「Heaven and Hell」を聴いてみると、「Heaven and Hell」「Die Young」といった様式美HMにたちまち夢中になりました。
一方「Born Again」、音像はロニー期とは異なりSabbath本来の剛直HRでした。それゆえ、Voが入ってくると「これがオジーだったら…」という思いをぬぐいきれなかったものです。楽曲は最高にカッコいいのに…

[10126]

中学生の頃TVKでTrashedのPVがよくかかってたので、オジーサバスより先にギランサバスを聴きました
ブラック・サバスとはこういうバンドなのか〜と 

オジー、ロニー、ギランと個性的な3ボーカリスト、その後のレイ・ギランやトニー・マーティンなども含めて
其々のボーカルの技量もあるでしょうがそのボーカルスタイルに合わせた曲作りしてるのは流石だなぁという感じです

[10127]

ほんとに最初BLACK SABBATHというバンドの名前の意味、コンセプトなど雑誌の紹介で知った時自分がイメージした音世界がこのアルバムには入っていました
ホラー映画のサントラをロックにした感じです、オジー時代は1stの数曲くらいでデュオ時代はホラー、オカルトと言うよりはロニー趣味のダークファンタジーに感じるし
自分にとってのホラーとかオカルトのイメージって雑誌ムーの黒魔術特集とか映画だとエクソシストとかオーメンなんですよね
あくまで音世界だけの話ですけどね
改めて聴くとギーザー、アイオミコンビってやっぱり良いなと感じます

[10135]

う~ん・・・遅すぎた蝶野VS三沢の試合を思い出しました。たとえばオジーもギランもバリバリだった'71年頃に、アルバムに1曲お互いトレードとかできなかったものかと、無茶なこと考えたりしてしまいます。
で、どのナンバーが良かったかと言うと、思いつかないのですよ・・・

[10136]

あ!ブラック・ナイトとエヴィル・ウーマンは似たもの同士ですね♪

[10139] サバスバス

>kazz_asaiさん
リアルタイムの時は様々な感情はいりますからね。

>お〜ぐろさん
アイオミさんの才能に敬服ですな。

>zitadaさん
うんうん。

>茶さん
猪木馬場の時代にそれは夢のまた夢でしょう(笑)。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://rockcollector.blog31.fc2.com/tb.php/3673-4d8968ea

«  | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ+

2017年 10月 【17件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


楽天市場
HMVジャパン

Amazon