Within Temptation - Mother Earth

Within Temptation - Mother Earth (2000)
Mother Earth (Reis)

 こないだ立ち話で黒人系大好きなヤツと会話…、スライのライブ出たの聴いたけど、いいね〜、燃えるわ〜って言ったら、俺スライダメなんだよ、と。黒いの全般平気なんだけどスライとかファンカとかダメなんだよなぁ〜とボヤいてて、ほほ〜、だから自分は好きなのか、と妙に納得。要するに彼はロックがダメな人でしてね、自分は黒いのダメな人だから、黒くても聴けるのあるよ、って話はしたことあるけど、そういうことで黒くてもロックに近づいているのはダメみたいだね。自分はそういうのだからこそ聴けるワケなのだが…、歌モノなんてもう以ての外だしさ(笑)。

 2000年のクリスマスイブにリリースされたオランダの期待の星、そして期待通りにブレイクして今や大物になっているWithin Temptationのセカンド・アルバム「Mother Earth」。もう15年前のアルバムなのか…、そりゃシャロンもママになっておばさんになるハズだわ…。この頃の声ってやっぱりそう思って聴くからだろうけど初々しい…と言うかまだ持ち前の歌を探していてその一つがこの歌声、みたいな感じでね、バンドの音もそうなんだけど、キャッチー路線をきちんと作り上げているんだけど、その途中過程みたいな所あって、今の路線も原点とも言える作品。様々なアプローチをメタルテイストで仕上げているけど、結局はポップな歌謡曲レベルとメタルを見事に融合させてシンフォニックに仕上げているという作風。見事の一言。スタンスはゴシックメタルだから最初からメタルの中に受け入れられての作品だしバンドだからこの幅広さは才能の発散とでも言うように受け入れられて、一般レベル以上の知的音楽が加えられたことで評価が高い。普通はこういうエリートなのってどっか排除されるんだけど、1stでデス声までやってたくらいだからメタル好きなんだろうってのはもちろん受け入れられてて、この作品でも当たり前にメタルなんだが、やっぱり歌メロが圧倒的に光っているもんね。

 今聴いても良いアルバムだな〜って思う曲が多い。シャロンも伸び伸びと歌ってるし、確かに歌い方聴いてるとケイト・ブッシュとも言えるような歌い方が出て来るし、決してメタルボーカルのそれではない。こんだけのソプラノボイスってのは見事だよなぁ、初めて聴いた時はクラシックの声楽歌う人がなんでメタル歌ってるんだ?って思ったくらいだもん。そしてそれがまた上手くて良いワケで。そんな好評ばかりで絶賛されたWithin Temptationの出世作、そして様々なサウンドと幅広さにチャレンジした傑作で、ここから彼らの快進撃がスタートしたと言っても良いだろう。聴きやすいしな〜。



関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://rockcollector.blog31.fc2.com/tb.php/3650-e03b338f

«  | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去ログ+

2017年 06月 【23件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


楽天市場
HMVジャパン

Amazon