Jimi Hendrix - Freedom: Atlanta Pop Festival

Jimi Hendrix - Freedom: Atlanta Pop Festival
Freedom: Atlanta Pop Festival

 世間で騒ぎになるような事柄ってのは聞きかじりじゃなくてきちんと正しい知識を得てから自分で判断するほが賢明でね、何となくああいうことなのかとか勝手に解釈してると全然ホントの事からはかけ離れていることがあるし、メディアを鵜呑みにする必要はないし…、ってか左右されない方が良いね。なんでそういう解釈なんだ?って思うこと多数、きちんと説明解釈があってこそならともかく映像とキャッチフレーズだけ出されてもね、よくわからないでしょ。そんなことをヒシヒシと思ったなぁ…、鬼怒川の決壊のアレだってもう何も報道してないから全然わかんないし、他のどんなんよりも気になるんだけど…、しょうがないか、って結局ネットに戻る。やっぱり自分にはテレビってのは要らないんだなぁ…。

 ジミヘン没後45年??うわっ、そんなになるのか…、それでいて未だにジミヘンってのは普通にロック界の会話では出て来るし雑誌なんかでも出て来るってのはもうアレだね、ベートーベンとかそういう次元に位置している人なのかもしれないな。そんなジミヘンの1970年7月4日のアトランタ・ポップ・フェスティバルに出演した際のライブCD「Freedom: Atlanta Pop Festival」が2枚組できちんとリリースされた。きちんとっても最後の最後が無いので完全版じゃないけど、いいでしょ、これくらいで。昔「Stages」って4CDボックスがあって、それの4枚目にこのライブも入ってたんだけどちょいと曲が少なくて残念って思ったのと、ライブそのもののエナジーがどうにもイマイチ…って気がしてたのであまり聴かなかった。その前にビデオも出てて、それも暗い感じで覇気がなくて何かジミヘンってホントに波があると言うか、輝いてるライブを捉えているってのは結構少ないんかもなぁ、とか実際そういうライブも少なかったのかもなんて思ったものだ。こんだけ時間が経っていろいろと出て来るとアレはスゲェ、コレはダメだとかいろいろあるのがよくわかるが。昔はアングラの音の悪いのとかでも聴いてたからぞれに比べりゃ今は贅沢な時代、こんなに良い音でライブがたくさん聴けるんだもんね。

 んでこのライブ、久しぶりに聴いたけど音の分離とかくっきり具合は凄いなと思うがやっぱりジミヘンの数あるライブの中でピカ一クラスとは言えないレベルのショウな印象だ。実際は知らないけど、音だけ聴くとそんな印象で、どこか宇宙に行き切れていないというか音で駆け巡ってないというか…そういう演奏してるしそういう音も出してるんだけど、ちょいとマインドがそこに行ってないのかもなぁなんて思う。命削ってギターを弾いてた人だからそんなこと言ってちゃいけないけど、もっと心に染み入るギターを聴きたいな〜って勝手に思ってしまう。それにしてもミッチ・ミッチェルの驚異的なドラミングはいつ聴いたって衝撃的だ。それにビリー・コックスの後ろ乗りながらもフレーズを弾きまくるベース、そしてジミだからなぁ、良くないったって普通レベルなんてのは軽く超えてるんだからとんでもないライブなのはそりゃそうだ。

 アメリカの独立記念日でのライブってことでアメリカ国家だって特別なものにしたかったんだろうというのも感じるし、それぞれのソロプレイなんてのはもうやっぱりどうやってんだ?くらいに弾きまくって顔で弾いてるギターが思い浮かぶくらいなのでやっぱりノックアウトされちゃうんだよね。一体何なんだ?って。45年経ったって未だにジミヘンを超えたギタリストってのは出てないし、最初で最後の人なんだよ、やっぱ。そりゃベックなんかもそうだけどさ、やっぱりだからこそ数少ない楽曲とプレイながらもいつ聴いても陶酔できるギタープレイなワケだ。生きてたら70歳過ぎてたくらいか…、どんなブルースギタリストになってんだろうな…、バディ・ガイがあんなんにギター弾いてるのとは対照的だったかもしれないし、一緒にやってるくらいだったかもしれない。いつまで経ってもジミヘンはこのままの姿で皆の姿に焼き付いている、それもまた時空を超えた伝説になりアイコンになっている理由だろう。生々しい彼の音が聴けるってのはホントに幸せだ。このライブ、後半に行けば行くほどにライブが良くなっていく、そこでやっとノレてきてるのかもねっていう気がする。「Voodoo Chile」とかはもうさっきまでのイマイチ感なんて無くなってて、とんでもないギター弾いてるからぶっ飛びモノだ。

 このライブの2ヶ月後にはドラッグでサヨナラ、病気とかじゃないから死の目前だから調子が悪くてなんてのはナンセンスでさ、ドラッグの効きが遅かったからライブの終盤の方がノレてるんじゃね?なんて思ったりするのだが、一方でミッチ・ミッチェルがややお疲れ気味になってるのもあるのかな、ガチッとハマり切れてなかったとかそんなことかもね。なんせこの時期でもジミはデビューしてまだ3年なんだし(笑)。やっぱね、ギター…いいわ。気持ちいい。





関連記事

Comment

[10076] 精力的ながら やや煮詰まってる感じ

最期の年となった70年の地味変は、バークレー、アトランタ、ワイト島とか 大きなフェスティバルに出演して、精力的にライブ活動を するわけですが、映像でも 全てがエネルギッシュでなく、もひとつ調子が出ない曲が見受けられます。また そもそもスタジオ盤を見出してないので、後期の定番曲が いくつか生まれたものの エクスペリエンス時代ほどのヒット曲は出なくて、低迷期だったでしょうね。1年後の9月のラジオ番組で 藤村俊二が「9月18日は ジミヘンドリックスの命日で〜」と地味変の曲をかけたのが、藤村俊二のイメージと地味変が結びつかず、意外過ぎて よく覚えてます。まあ 担当ディレクターの原稿を読んだだけかもしれませんが。

[10081] >デューク中島さん

1970年のジミヘンはちょいと考えてる時期ですね。
初期衝動から脱皮している時期というか…。

[10779]

俺も相当のロック好きだけど、、
これだね。
黙らせるにはこれしかねーな。

[10783] >Who?さん

ジミヘンはね、いいから聴け、です(笑)。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://rockcollector.blog31.fc2.com/tb.php/3643-32639d01

«  | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去ログ+

2017年 06月 【23件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


楽天市場
HMVジャパン

Amazon