Johnny Winter - 3rd Degree

0 Comments
Johnny Winter - 3rd Degree (1986)
3rd Degree

 その時代その時代に良いギタリスト、ロックなんてのは必ずあるもので、やっぱり音楽の世界は広いな〜って。ポップシーンが盛んなのは今も昔も変わらないけど、それだけじゃなくてちょっと違う所を眺めてみれば自分がハマれる、カッコ良いと思えるサウンドに多分出会える。別にそれを求めてるワケでもないだろうけど、ふとしたきっかけで聴き始めるってのは皆経験があることだろうし、それが多分人生のBGMにもなる。だったらず〜っと好きでいられるサウンドを早く見つけておくのは割と悪くない。自分的にその内のひとつがブルースだった。

 1986年リリースのJohnny Winter作品「3rd Degree」。アリゲーター3部作の最終作、もうね、アリゲーターから出てきたのは全てこんな感じに何と言うのか…ロックブルース的な位置づけの作品ばかりで綺羅びやかなんだよな。一番商業的にも売れた時期だろうし、名前も売れた時期、音的にもかなり充実していたんじゃないだろうか、だからこそ伸び伸びと好き放題、やりたい放題に弾けてギターを弾きまくり歌っている。バックにも旧友トミー・シャノンなんてのも呼んでて…、この頃彼はSRVのダブルトラブルだったからね、ジョニーとSRVのジャムなんてあったら面白かったろうなぁ…、ふたりともうるさすぎて譲らなかったりするんだろうか(笑)。どっかにあったりするのかもしれないけど、今まで聞いたことはないな。

 初っ端からハードなスライドで現代に蘇ったエルモア・ジェームズみたいな勢いから始まり正にブルースの世界にはこういうサウンドがあるんだぜと言わんばかりに様々なブルースで聴かれるスタイルを叩きつけてきてくれるカッチョ良いアルバム。エレキもアコギブルースもありでホント何でも出来る凄い人で、存分にその才能が弾け出てきてて傑作に仕上がってる。当時からよく聞いてたな〜、これ。普通にロックとして…ってかブルースロックって知ってて聴いてたけど、何か異世界の音でよくわかんなかった。でも、何か凄いんだよな、ってんで聴いてた。SRVはもっとわかりやすかったけどジョニーはもうちょっとかかった。懐かしいな。



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply