The Runaways - Live in Japan

4 Comments
The Runaways - Live in Japan (1977)
Live in Japan

 70年代はやはり暑苦しい。その暑苦しさがロックをロックらしくしている、その退廃さ加減がロックらしい世界でもあるし、ひたむきにギターを奏でる、みたいなのが実に好きだ。多分自分が年取ってきたからそういうのがもっと好きになってるんだろうと。何かね、夢のない話を聴くことが多くて何でそう過去をひたすらに懐かしむかね、みたいなのが多いからさ。どうせ話すならこれから先こうしたいとかああなってるとかそういう未来形の会話がいいよ。昔ああだったこうだった、ってのは別に知らない人もいるしためになるならいいけど、そうでもないだろうし。そんな下らないことを会話してたことがあった。つまんねぇな。

 1977年に日本の地を踏んだThe Runawaysの日本公演の模様はこれも当然ながらレコード「Live in Japan」という記録に残されているし、ビデオも出ていた…のか?テレビ放送だけだったのかな?YouTubeで普通に見れるからあまり気にしなくて良いんだろうけど、とにかくジョーン・ジェットがカッコイイ。漠然と単なるストリップクラブバンドみたいに思ってて、その過激さだけで売れてたんだという気がしてたんだけどマジマジと映像見てると演奏ももちろん結構ヘヴィにバンドな音しててロックしてるしさ、バンドが華やかでカッコ良いんだよな。音だってそこら辺のバンドよりは全然骨太だし、地力あるミュージシャンだったのかも。ジョーン・ジェットが何で抜き出てこの後も残っていったのかよくわかる。圧倒的に目立ってるしど真ん中にいるって感じだもん。スゲェな、やっぱ。

 ライブだから当然だけどグルーブしたロックであのルックス、衣装、狙ってるにしても見事。実際今でもしっかりと残っているワケで、この頃の日本人も皆盛り上がってる。なんか、いいな、この時代…熱狂してるってのがありありと分かるし皆何かに飢えてる。バンドにそのエネルギーが伝わりやすいハコの大きさだったからなのか、バンド側もかなり良い出来のライブになったんじゃないだろうか。だからこそのレコード化OKになったとも思いたいし。ちょっと音が濃すぎて疲れちゃったけど(笑)。



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 4

There are no comments yet.
デューク中島  
やはり来ましたね

前回のエントリーから 8割の人が ランナウェイズのこのライブ盤を 予想されたのでは? あと2割は ベースがお姉さんのバンド、トーキング ヘッズかアドバーツあたりかもです。ランナウェイズのLP 三枚とシュリーのソロ 持ってます。ランナウェイズの影響で ガールズ、ショーヤ、プリプリ等のプロ バンドだけでなく アマチュア ガールズ バンドも 出来たでしょうね。

2015/07/06 (Mon) 22:28 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>デューク中島さん

結構少ないんで何にしようかな〜って思ってましたが、単純にカッコ良かったんで(笑)。

2015/07/06 (Mon) 22:41 | EDIT | REPLY |   
お〜ぐろ  

The Mercury Album Anthologyてベストにも東京公演の入ってましたが、コレと同じかな?
シェリー・カーリーってあの格好だけかと思ってたら意外に唄えてるんでびつくり
でも、曲が似たようなの多いしKISSの亜流みたいなのも多くてびょ〜な・・・ 

2015/07/07 (Tue) 08:34 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>お〜ぐろさん

同じじゃないかな、多分。シェリーさん、それなりに実力あったと思います…。
曲は時代感じますねぇ〜。

2015/07/12 (Sun) 23:22 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply