Steve Howe - Steve Howe Album

Steve Howe - Steve Howe Album (1980)
スティーヴ・ハウ・アルバム <Progressive Rock1300  (SHM-CD)>

 ロックとしての音を聴く時もあればミュージシャンとしての音を聴く時もある。そんな色々な聴き方ができるからこそ面白いし、話題も増えていく。またミュージシャン側も芸術肌な人ばかりだから決まった事をやり続けるってのもおもしろみがなく新鮮味がないから刺激を求めてどんどんと進化していく、そんな構図があるんだけど、そこに商売が入ると売れるか売れないかリスナーがどれだけ付いてくるかみたいなのも入ってくるから一度成功した図式からは抜けられないみたいな部分もある。当然と言えば当然な話だし、だからと言っての答えはないからそれぞれがどういう解を求めて活動していくかなんだろうね。リスナーの立場は適当で、聴いてみてあーだこうだと思うだけ。気に入るかどうかだけといういい加減さ。難しい商売だと思う…。

 1979年にリリースされたイエスのフロントマンの一人でもあるスティーブ・ハウのソロアルバム二枚目「Steve Howe Album」。自分的にこの人のベストアルバムは「Not Necessarily Acoustic」だと思っている希少な人間なんですが、本作はその傾向に向かいつつある時期なんじゃないかと勝手に想像してて…、いや、それはアルバムってのはギタリストのソロアルバムだとしても歌が入っててコマーシャルなものじゃないといけない、もしくはフュージョンみたいな、ジャズみたいな世界観じゃないといけないってのがあったと思うんだけどさ、そこから逸脱してミュージシャン、ギタリストとしての世界を極めていくみたいな傾向が強くなったんじゃなかろうかと。この「Steve Howe Album」では歌入りなんてのはほんの少ししかなくってほぼ全編がギター協奏曲で占められている。売れた売れないの話はどうだったのか知らないけど、割と好評だったんじゃないだろうか?ロックギタリストとしてのアルバムじゃないし、かと言ってワールドミュージックの伝道師ってほど民族色が強い作品でもない。スティーブ・ハウというギタリストの消化してきたギターをそのまま聴けます的な作品で、歌手だったらそれが歌となって出て来るからわかりやすいけど、たまたまギタリストだからこうしてギターの音で出て来ているって話でしてね、インストじゃつまらん、って人は確かに多いと思う。ただ、インスト、しかもギターでこんだけ多彩なサウンドと作風を奏でてくれる、またそれがロックというジャンルではエッセンスでしかない部分をクローズアップして聴かせてくれるっつうのはなかなかないし、普通のロックギタリストにこういうの出来るか?って言ったら大抵出来ないだろうと思う。だからやっぱりこの人はギタリストなんですよね、それが面白いな〜っていう部分。

 アラン・ホワイトにパトリック・モラツ、ビル・ブラッフォードというイエス組に一曲だけボーカルで参加しているのは何とクレア・ハミル。しかし面白いのはそれでもそれぞれの個性がきちんと出ているワケじゃない、即ちテクニカルなミュージシャンであるが故に無個性なバックバンドに慣れてしまうという素晴らしさ…。その分スティーブ・ハウがとっても目立ってて当たり前だけどタイトルに相応しい作品になってます。結構いいな、これ。



関連記事

Comment

[9728]

わかりやすくて聞いてて楽しいダントツで好きなギタリストです
Yesを一通り聞いたのでソロもチェックしてみようかと
あとYesの新ボーカルのジョン・デイヴィソンのやってるGlass Hammerってバンドがかなり良かったです
ロゴもロジャー・ディーンでした

[9733] >akakadさん

Yesよりソロの方が面白いかな〜と。
新ボーカルのバンドっすか…なかなかディープな世界ですねぇ(笑)。

[11045]

最近クラシックをよく聞いててヴィヴァルディの躍動感はハウのそれと似てるんじゃないかと思ったんです
高音の使い方や手癖やリズムのずらし方はかなり影響を受けてるんじゃないかと
四季の春の第一楽章やその他弦楽器の協奏曲を聴いててそう思いました
このアルバムでもヴィヴァルディの協奏曲やってますし自分の中で納得できた感じです

[11058] >akakadさん

クラシック、自分全然ダメなので羨ましい感性です、それ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://rockcollector.blog31.fc2.com/tb.php/3401-16f7a95f

«  | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

過去ログ+

2018年 11月 【1件】
2018年 10月 【17件】
2018年 09月 【30件】
2018年 08月 【31件】
2018年 07月 【31件】
2018年 06月 【30件】
2018年 05月 【31件】
2018年 04月 【30件】
2018年 03月 【31件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


格安sim mineo!
楽天市場

ヤング&デンジャラス

アンセム・オブ・ザ・ピースフル・アーミー

WASTELAND [CD]

シンセシス・ライヴ [Blu-ray]

Live in Boston 1974 King Biscuit Flower Hour

WE SOLD OUR SOUL FOR ROCK’N’ROLL(紙ジャケット仕様)

Live: Towson State College, Maryland '79 King Biscuit Flower Hour

クラシック・ハード・ロック・ディスクガイド (BURRN!叢書)

バンド・スコア 80年代ブリティッシュ・ハード・ロック[ワイド版]