Iggy Pop - Soldier

0 Comments
Iggy Pop - Soldier (1980)
Soldier

 読みたいな〜と思う本があるんだけど全然探しに行けてないしネットで入手って方向にも向いてない。形ある本として読みたいんだけどいつどこで読むんだ?みたいな下らない事が気になったから。結構読む機会ってのが無くってさ、時間アレばiPhoneいじってるみたいになっちゃってるし、MacがあればMacしてるから本読まないし…そもそも本って時間余った時に読むものみたいな認識があって、それだけのために時間を割くって習性が無くってさ。じゃiPhoneで読めばいいなじゃいか、って話になるんだけどちょっと文字小さいしさ〜、じゃiPhone6のデカいの?今度は手軽に持つという概念からハズレてしまうのでそれもヤだなと。じゃiPadとか?う〜ん、本読むためだけにそれも不要だろうから結局普通に形ある本のままが一番なんだろう、と…堂々巡り。アホな事考えてます。

 Iggy Popの1980年の作品「Soldier」はアリスタからリリースされた2枚目のアルバムで、Stooges時代のカリスマ性や破天荒さは鳴りを潜めたソロ時代、ボウイと組んでる頃はそれでも時代の先端を走っていたから不思議な組み合わせが評判となり今でも名作扱いされているが、その実ボウイと袂を分かってからの作品ではさほどの評判ではないらしい。今となってはそれもよく分からないんで、ただライブラリを聞いて自分でどう感じるかってな話だね。当時Iggy Popって聴かなかったんでリアルタイム的には知らないし、知ってるのはもっと後になってから。まぁ、ってもその何年か後にはある程度のカタログは全部聴いたりライブも聴いたりしてたけどね。

 この「Soldier」はこれがイギーらしいアルバムだ、と言う気も無いし言う人もいないと思う。メロディや本質的な部分はもちろんイギーなんだけど、出て来ている音はアリスタの音。悪くないんだけどまとまりすぎてる音でロックらしい音ではないってヤツ。パティ・スミスとかキンクスのこのヘンの時期のも同じ感触。んで、作風はと言えばボウイとの共作もあるからか、ボウイが関わってるよと言われたら信じてしまいそうなくらいボウイの影響から逸脱できていない、言い換えるとボウイからの影響がソロの作風になってしまっている感じで、割と低迷してたのかもしれない。自分らしさを見つめたと言うか…。だからハジけ切れてないようにも聴こえるし、イギーらしさ不足にも聴こえる。でも、このジャケットだから何か衝撃的で手に取ってしまうんだよね。





関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply