Television - Adventure

2 Comments
Television - Adventure (1978)
Adventure

 ニューヨークパンクって一括りに言われるものもかなり幅広い。パティ・スミスやラモーンズからテレビジョンやトーキング・ヘッズ、ソニック・ユースなどなど共通するパンクらしい要素ってほとんど見当たらない。あるとしたらCBGBでのライブ遍歴くらいじゃないだろうか?ニューヨークの老舗ライブハウスCBGBは古くからアングラバンドの味方で多くのバンドやファンから愛されているライブハウス。そういえば自分もニューヨークに行った時に見に行ったっけ…あれ?見てないか?どんなだっけな…(笑)。

 Televisionの1978年セカンド・アルバム「Adventure」。ファーストアルバム「Marquee Moon」の良さをも理解していない自分にとってはこのセカンドアルバム「Adventure」は更に難敵のひとつになってしまっていた。そうは言ってもニューヨークパンク、Televisionのセカンド・アルバムだ、悪いハズもないだろうと思って聴いていた。ところがまるで面白味を感じなくて自分のセンスを疑ったりするが、どう聴いても面白い部分を見つけられずに挫折。以降何度か友人との会話で出てくると聴いてみるが、やっぱり分からない。そして今、また聴いているけど、随分とポップ化された作品で聴きやすい。結局ビートルズ的、っての?そんな感じにニューヨーク・パンクの冠とは裏腹に軟弱な感じがしてしまった。言い換えるとそれだけ聴きやすく練られている巧妙なポップサウンドとも言えるが。

 これホントにTelevision?そりゃこの声はそうだけど…ってのもある。ギターはしっかりと歌っているからやっぱギター中心のバンドなのも分かる。そしてやっぱり英国のキンクス辺りの影響なのか、そういうメロディラインがいくつか聴けるし、ソリッド感は皆無で普通にポップ感に溢れている。ある種良い意味では聴きやすくバンドのハードルを下げている。悪く言えばTelevisionらしからぬアルバムでは?とも言えるけど進化系の途中であるならばこれもあり、そしてここからは?だったのかも。



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
デューク中島  
スタジオ盤二枚では 良さが分からず

おーっ!!と思ったのは、Little Johnny Jewelのライブ マキシ シングル盤と ライブ カセットテープ Blow Up でした。全盛期には来日してないので、実際のステージは 分かりませんけど、スタジオとライブは 別のバンド位 違って聴こえます。このセカンドは、ファースト以上に ありゃ!?って感じでした。 ご無沙汰してました。気になる記事が色々有ったのですが…実は、職場の 嘱託老人仲間の人が 山岳事故死、その数日後に 高校2年の同級生が自殺の知らせが入り 精神的にメゲてました。気持ちが多少 回復して来ましたので、また お邪魔しますね。

2014/10/02 (Thu) 21:19 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>デューク中島さん

へぇ、このヘンも通ってたんですか…、ちょっと意外でした。
パンク系統の流れからかな。

少しでもこんなアホなロック話が気分を変えるのに役立てば嬉しいです。
またユトリのある時にでもコメント下さい。

2014/10/04 (Sat) 23:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply