Parliament - P-Funk Earth Tour

0 Comments
Parliament - P-Funk Earth Tour (1977)
P-Funk Earth Tour

 キレッキレの音がちょいと聴きたいね、って気分になった。まぁ、全く詳しくないから著名な作品をチョイスして聴くんだけど、深入りしていく気がない全然無いのはやっぱりロックを起点にしているからか。音的スタイルの違いだけでどのジャンルであってもロック的魂ってのは見え隠れしているから同じなんだけど、とりあえず好みの問題だ。

 P-Funk集団の筆頭、パーラメントの集大成ライブアルバム「P-Funk Earth Tour」、1977年のリリースでもちろんこの頃のライブアルバムらしくしっかりとスタジオで編集されているアルバムなんだけど、それでもやっぱりパワフルにタイトに勢い有り余るプレイをとことん楽しめるアルバムに仕上がっていることは間違いなく、ロックもファンクも分ける必要性まるで無し、とんでもなく熱い…暑苦しいくらいに熱いライブが聴けます。こういう熱さってあるんだな、と思ってくれれば…。メチャメチャ黒いよね、これ。んで、キレッキレ。嘘か真か多分ベストメンバーでのプレイで、個々人の名前を聴いても知ってるというくらいなんでやっぱ凄いメンツなんです。それでこのグリグリな音が最高。自分のテンションがどこまで持つかでこのアルバムを聴けるかどうか変わってくるかもしれんな(笑)。

 相当ロック側に位置している人達だし、既にロックの域は超えているもん。でも、こういうバンドの後継者が出て来ているのか出て来てないのか知らないけど目立たない。あまりにもパイオニアが強烈すぎたのか、以降が続いてこないのがこの世界の難しさ。JBやプリンス然りだけどね。今じゃ音楽は細分化されすぎててなかなかそういう人がいても表に出て来ないからわかんないだけと思いたくって、いずれこういうぶっ飛びライブをやってくれる人も出てくるでしょ。出てくれないと…ね。





関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply