Doobie Brothers - The Captain And Me


 アメリカを代表するサウンドのひとつにウェストコーストサウンドと呼ばれる類のものがある。正直云ってどれがどういう呼ばれ方をしているのか知らないし、まぁ、そこまで細かいジャンル分けが必要かどうかは別として意識して聴いたこともないので何となく評論家みたいなジャンルにとらわれた書き方ってのはやっぱヤダ。自分的には何となく南部の流れからそういえばアメリカらしいサウンド、逆説的には英国ロックを聴いている限りではなかなか出てこないサウンド=クラプトンやストーンズが憧れたサウンド、というものから始まっているのでそれほど深く突き詰めてはいないってのが事実。だからあんまり詳しくはないんだなぁ。

 が、まぁ、それなりに漁った時にやっぱり衝撃的なものってのはいくつもあって、ドゥービー・ブラザースの「The Captain And Me」なんてアルバムはやっぱ凄い、って思った。もちろん後追いで聴いているのでレコード700円とかで買って聴いたんだけど(笑)、いや、アメリカンロックのレコードって滅茶苦茶売れるからしばらくすると一杯中古市場に流れてきてプライス的には凄く安いところに落ち着くのでお得なんだよ、そういう意味では。ただ、まぁ、飽きやすいってのも象徴しているのかもしれない…。まぁ、それはともかく、このアルバムはご多分に漏れず、滅茶苦茶ベタな書き方になるが…、あ、まぁ、レイナードの時もベタに書いてるからいいか…、うん、「Long Train Runnin'」「China Groove」の二連発にやられた。どちらもギターのカッティングの鋭さっつうか柔らかさっつうか素人にはとても真似できないカッティングで、全編に渡ってそれが響き渡ってるっつうのが凄くてさ、ライブ盤でも驚異的な音とカッティングでとんでもないサウンドだったんだよ。今でもこういう弾き方をサラリとできる人ってあんまりシーンにいないんじゃない?アメリカ土壌のサウンドから発展するとこういうの弾けるんかねぇ。そういう意味ではギターのレス・ポールを作ったレス・ポールさんのサウンドもとんでもないんだよ。70過ぎた爺さんがエディ・ヴァン・ヘイレンなんて目じゃないくらいの早弾きをやるんだからさ。で、何かのビデオでジェフ・バクスターと一緒にプレイするのがあって、それがまたとんでもなく凄くて、やってるのはブルーグラスみたいな音楽なんだけど、まぁ、この人達ホントに音楽家、ギター演奏者だなぁ、ってくらいに凄い。

 …話逸れまくってるけど(笑)。で、更に言えばコーラスワークの使い方が気持ち良くってねぇ…、メロディもか。うん、そういう音の流れとか使い方が心地良く耳に残らないように軽やかに流れるところもアメリカサウンドの面白いトコロだな。しかし、もちろんこれも久々に針を落として聴いたが…、リバーブ感とかやっぱよく出来ているなぁとつくづく名盤と呼ばれる所以を体感しました。

 しかしまぁ、何故か他のアルバムにはほとんど手を出したことがなくってどういう経過でこうなってここからどう進んだのかは知らないと言ういい加減なリスナーなので、あまり深いことは書けないが…。でも単純にかっこいいなぁ~って思えるアルバムだってことは確かだね。
関連記事

Comment

[2047] アメリカン!!

『LONG TRAIN RUNNIN'』は俺の十八番です。
あのカッティングは死ぬほどコピーしましたよ。
アルバムだと『STAMPEDE』もかなりゴキゲンですよね。ニックデカロが手掛けたストリングスアレンジが壮大で気持ちイイです。

マイケルマクドナルドが加入してAORぽくなった後期ドゥービーも好きですけど、フレさんは後期ドゥービーはどうなんですか?

[2048] >ナイアガラさん

後期ドゥービー聴いたことないっすっつうかコレしか聴いてないもん(笑)。それでも弾けなかったあのカッティング…。

[2049]

Long Train Runnin'はたまに行くソウルBARでもよく流れます。
しかもイベントの時はスゴク盛り上がります。
言われてみればソウルっぽい音ですね。
昔はディスコの定番だったのでしょうか?

[2051]

どもども
後期ドゥービーは、今のZOMBIESの前に、日産のクルマのCMに使われていたヤツが入っているミニッツ・バイ・ミニッツがとかく高評価ですね。

僕は、マイケル・マクドナルドはA級戦犯だと思う位キライです。
オトコ臭くて豪快なドゥービーをAORにしてしまった罪は大きいかと。(まぁ、M.マクドナルドだけのせいじゃない。って反論はあるのでしょうが、これもあくまでも私論って事で)

[2065]

このバンド、紙ジャケで全部買いなおしました。私はマクドナルドの大ファンなので彼が入る前、入った後どちらもいいなあと。でも全然違うバンドです。

>そういう音の流れとか使い方が心地良く耳に残らないように軽やかに流れるところもアメリカサウンドの面白いトコロだな。

マクドナルドが入った後は、軽やかさがなくなりました。

[2067] ども♪

>さすらい野郎さん
結構バーとかハコバン付きライブハウスなんかでも定番曲になってるよね。多分ディスコでも定番だったんじゃないかな…。

>V.J.さん
M.マクドナルドって凄く人柄の良さそうなおじさんっていうのしか知らなくて(笑)。そこまで語れないんだけどAORって多分受け付けないな…、いや、今はどうかわからんが。バンドって初期から後期って変わるもんだから困るんだよな。メンバー変わればそりゃ変わるのもしょうがないが…。

>ぷくちゃん
V.J.さんとは正反対のハナシで面白いなぁ、と(笑)。軽やかでなくなったってことはやっぱ別物だな…。でもAORって軽やかなものかと思ってたのでちょっと意外。

[2071]

何かに書いてあったのですが、前期ドゥービーのトムは平原を眺めていて、マイケルはホテルの一室から風景を眺めているということらしいです。

確かにマイケルの音楽は閉塞感があって暑苦しい。トムの音楽は開放感あるものなあ。

でもクマ男、マイケル好きです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://rockcollector.blog31.fc2.com/tb.php/324-5d62fa1d

«  | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

過去ログ+

2017年 07月 【25件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


楽天市場
HMVジャパン

Amazon