Born of Osiris - The Discovery

0 Comments
Born of Osiris - The Discovery (2011)
The Discovery

 進化とは素晴らしい。ほんの少し前…っても6〜7年くらい前にはネオプログレ風なのとか色々出て来てるのを知って感心して、メタルではゴシックメタルにハマりつつも多様化したメタルサウンドってのを多数知って、これもまた感心していた次第だけど、そこからは自分自身全然進んでなかったんですな。全然ってか、リアルタイムにロックにハマって追いかけている感じに知っているワケじゃなかったみたいで、ここ最近でもまだこんなの出て来てるのとか知らなかったもん。ストーナー系が色々出て来てるとか、こういうジェント系なのも出て来てるなんてのも知らなかった。常に最先端の音を追いかけ続けていないとこういうの知ることないなぁ…。得意分野ならともかく片手間で聴くだけじゃ全然ダメだ。今時の連中ってどうやってこんだけ色々な音を漁りまくるのだろうか?大したもんだ。

 ってことで聴いてみてより一層驚いたBorn of Osirisってこれもまたアメリカのバンドの2枚目になるのかな、「The Discovery」という作品。巷では名盤と言われているとのことでこの「The Discovery」から聴いてみた。ある程度自分なりに想像していたんだけど、ちょっと驚いたな〜。鍵盤ピロピロが入ってるのにデスメタルな歌声で、バックも思い切りデスメタル…それでいて鍵盤だけがやたらと美しい音世界を演出しているので何とも不思議な世界が繰り広げられている。何でこれでデス声?普通にパワー声だとどうなるんだろ?そういうバンドは既にある?とも思えないんでそれはそれで割と唯一無二な気がするけどなぁ…。どっちかっつうとグラインド系のバンドなのだろうか?様式美的なメタルがルーツって感じでもないが…。分解してみればあのヘンとこのヘンが絡み合って組み合わさっているってのが想像できるんだけど、それこそが見事。これまでのとはまた違う感動があった。

 ブルータルな世界、って暴力的で荒々しい世界って意味になるんだろうけど、それと鍵盤が醸し出すスペイシー的な透明感溢れる空間系の音がその不思議な印象を強めているのだろう。ツーバスドコドコも曲の流れに合わせてだし、ギターにしても歪んで鳴ってるけどミックス時にかなり音を出したり下げたりしてて作品を作っている。まぁ、ただ、どこまで自分がコレを聴かないといかんか、ってぇとちょっと難しいけどね。



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply