Meshuggah - Obzen

0 Comments
Meshuggah - Obzen (2008)
Obzen
 いつしかロックと呼ばれる世界の半分くらいが実はメタルなんじゃないか?なんて思うようになってきて結構致命的(笑)。ただ、確実に深い沼がどんよりと漂っていることは間違いないワケだし、一般のロックの底の浅さと比べてみればもう明らかにその比重が逆転しているんじゃないかっつうくらいの深みだろうと思う。その深みってのがどういう方向に向かうかってのが個人の嗜好だろうけど、それにしても多様な世界だ。ベビメタのとある一曲が複雑なリズムの上に成り立っててそれをいともさらりとライブで歌いこなしている姿に驚いたのだが、その源流って何だ?ってことで辿り着いたバンド。

 Meshuggahというスウェーデンのバンドの「Obzen」。90年代初頭から活躍しているらしいけど、作品毎に常軌を逸した音世界に進んでいるらしい基本はデスメタルな人達、らしい。またか、と思いつつも何が一体あのヘンなリズムへの影響なんだ?と知りたいという欲求に負けて挑戦です。挑戦してみて良かった、良かったと言うか、こりゃ深いわ〜ってのを実感してしまった。自分的にはRammsteinなんかは好きなんでデジタルチックなメタル音…インダストリアル系とも言うらしいが、それは何となくの免疫はあったんで、Meshuggahのこのデジタル的なドラム音、インダストリアル的な音は割と平気だった。そんで、先に書いておくとボーカルはダミ声を通り抜けたデス声でして、こりゃどうにもなぁ…ってのがあるけど、まだメロディらしきものがあるんでとりあえずは…ってとこ。

 ただ、それらを上回る驚きのサウンドがインダストリアル的なドラム音もそうだけど、ヘンなリズム感。ポリリズム的なのもあるけど多分拍を入れる場所をズラしたりアクセントをズラしたりして聴いている側に妙な違和感、変拍子感を植え付けている感じ。拍としては普通のビートで割り切れる感じだけどメロなりリフなりドラムなりがズラしているから面白い、Led Zeppelinが得意なんだよねぇ、そういうの。まぁ、音的には似ても似つかないけど、そういうスタンスで出てくるから歌があまり気にならなくてそれ以上にバックを聴いてしまう。だからと言ってこういう音が好きか?と言われるとそうでもない、になるんだけど面白さはある、って話。なるほどねぇ…、プログレ通にも受ける部分ってのはこういうトコロなのか。しかし8弦ギターってこんだけ低いのが歪むとこうなるんだ、ってのが聴こえるのは参考になるかも。

Obzen (Re-Issue)
Meshuggah
Nuclear Blast Americ (2013-10-15)
売り上げランキング: 283,734








関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply