Gacharic Spin - ハンティングサマー

0 Comments
Gacharic Spin - ハンティングサマー (2010)
ハンティングサマー

 和楽器バンドって融合体だったんだな…とあれこれ見てて知って、元々和楽器三人がいて〜とか、フムフム…ってなってって、ライブビデオ見てたらなんかちょっとグチャグチャしてる感あったから、ん〜、それならな〜、と勝手に思いついたのがガチャリック・スピンあたりとくっついたら面白いのかも?なんて。あんだけのテクニシャン集団で爆発力あるバンドと和楽器系のプロ三人のセッションだったら何か面白そう…って勝手な想像。んで、ガチャピンってどうしてたっけ?って。今ボーカルもいないし、くっつく要素たっぷりあるんじゃね?なんて。

 Gacharic Spinの初期シングル「ハンティングサマー」なんてのを。最近のアルバム聴いてないからどうなってるかわかんないけど、どうも初期の爆発力を持った訳のわからない元気快活女の子バンド的な音からは更に発展してしまっているらしく、ボーカルも抜けてしまっているので多分今じゃ初期の曲もあまり演らないんじゃないだろうか?となるとあのガチャピンの音世界ってあまり聞けなくなってるのかもなぁ〜と知らぬままに勝手に思うのだが、初期シングル3枚は強烈にカッコ良いのでふとした時に聴くと「うわっ!」とのけぞる(笑)。やっぱねぇ、チョッパー強烈だし、ドラムもなんじゃこりゃ?っつうくらい叩きまくりだし、何と言っても実はボーカルのやや切な気な歌声が良かったんだよねぇ。バックのうるささとか元気の良さとは裏腹にどんだけロックに歌っててもアーミーのボーカルは哀しげなハスキーさが同居していて単に脳天気なバンドにならないようなバランスがあったと思うもんね。これはもうボーカルがいなくなってから思うことだけど。Dolls BoxxでFuki嬢入れてやるのはまた全然別の次元だけど、和楽器バンドとの融合なんてのは割とその和音的哀愁メロディが同居するからよろしいのでは?なんて妄想。

 このシングル「ハンティングサマー」に話を戻して…、初っ端からベンベンと強烈なチョッパーで瞬く間に惹き込まれて続いて入ってくる歌声がやっぱり良いねぇ…、曲は元気いっぱいだけどややマイナー、そしてキャッチーにメロディックである種完璧な出来映え。続いての「L.I.B」はギターのリフに引っ張られるかと思いきや無茶苦茶キレのあるドラミングで一辺倒になることなくスリリングに進む…そこに歌が入ってって、これがまた簿妙なメロディラインで疾走感溢れるロックチューンに化けて…掛け声のサビ以降の単語とメロディと言葉の使い方が絶妙でハマる。終盤の「好きだ好きだ好きだ好きだ」のパートなんて涙出てくるもんな…、なんでだろ?この子の声じゃないと泣けない気がする(笑)。多分にメロディの良さがあるのは当然だけど。「虹」はまぁ、それなりのバラード大曲なんでそりゃ出来るだろ、くらいの感じだけどやっぱりアーミーの歌声がそのまんまハマってしまってて、哀しげなのがそのまま出ちゃってるからなぁ…、ピュアでいいな…みたいな感じ。割と好きだけど苦手な曲…って意味わからんね。この頃のガチャピン良かったねぇ。



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply